タンガロイ 「ModuMiniTurn(モジュ・ミニ・ターン)」にY軸加工用ヘッドを追加

211018タンガロイ

 タンガロイは、このほど、自動盤向けヘッド交換式工具「ModuMiniTurn(モジュ・ミニ・ターン)」に切りくずトラブルを劇的に解消するY軸加工用ヘッドを新たに設定し、販売を開始した。

 この製品は、独自のカップリングによって高い繰り返し精度を実現している自動盤用ヘッド交換式工具シリーズ。ヘッド脱着時の繰り返し刃先位置の精度は5μm以下を誇り、インサート交換や段取り替えによるダウンタイムを大幅に削減できる。

 縦型くし刃刃物台の自動盤加工では、基本的にワークの上方に切れ刃があり、加工時に切りくずはワークの外周に沿って落下するため、流れ型の切りくずではワークに巻き付いたり、工具とワークの間に滞留して加工面を傷つける等のトラブルが発生する。

 新しいY軸加工用ヘッドでは、切れ刃がワークの側面に位置し、すくい面が下を向いているので切りくずはワークに絡むことなく、下方へ落下する。これによって切りくずトラブルが減り、生産性が大幅に向上した。

 また、切削抵抗の主分力方向が工具の長手方向と一致していることから、工具剛性が高くなるためびびりに強く、負荷の大きな加工でも高い安定性を示す。さらに、「ModuMiniTurn」のY軸加工用ヘッドは、他社のY軸加工用工具に比べてヘッド周りがコンパクトで、刃物台の隣接した位置にY軸加工用工具同士をセットすることも可能である。(注意:隣接させる場合には、一定の条件がある)。

 今回のシリーズでは、外径加工用の他、「TetraMiniCut(テトラ・ミニ・カット)」用インサートを用いた溝入れ・ねじ切り用ヘッドもラインナップ。さらに、切れ刃に直接切削油を供給できる内部給油仕様も設定しているので、様々な加工形態で利用できる。

特長

(1)高い繰り返し精度を実現
 独自に開発したカップリングにより、ヘッドを脱着した際の刃先位置は5μm以下の精度を実現。高い繰り返し精度で、工具交換時間を大幅に削減できつ。

(2)内部給油タイプも選択可能
 切れ刃に直接切削油を供給できる内部給油仕様も設定。切りくずトラブルが起きやすい難削材加工においても、安定的な加工を実現できる。

■主な形番と標準価格
 ・QC12-JSDJ2CR11-Y:    20,200円
 ・QC12-STCR18-Y-CHP:  30,600円
 計12アイテム(いずれも税抜価格)

 20211月sg_mol_edt_0