不二越 「アクアREVOシリーズ」のラインナップ拡充と「ZTフォーミングタップ」を新発売

 不二越 工具事業は、自動車・産業機械分野を中心に、ラウンドツール(ドリルやタップ、エンドミルなど)と精密工具(ブローチやホブなど)の両輪で、最適な商品を開発・提案し、ユーザーの生産性向上とコストダウンに貢献している。

 今後、ユーザーの生産現場では、多品種少量生産や部品の小型化などにより、多種多様なラウンドツールの需要拡大が見込まれることから、今般、新たなラウンドツールとして、「アクアREVOシリーズ」の新商品(10月1日発売)と、圧倒的な長寿命と低トルクを実現する「ZTフォーミングタップ」を市場投入すると発表した。なお、いずれの製品も2021年10月20(水)~23日(土)にポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)で開催される「メカトロテックジャパン2021」にて展示される。

「アクアREVOシリーズ」のラインナップ拡充

 2018年に、材料・形状・コーティングの全てを一新した超硬ドリル「アクアREVOドリル」を、2019年には超硬エンドミル「アクアREVOミル」を市場投入。長寿命・高能率・多用途の特長が、幅広いユーザーから評価されマーケットシェアを拡大している。

 今回、小径ドリルに求められる“折れにくく長寿命”と“バラつきの少ない安定加工”を実現した「アクアREVOドリルマイクロ」、および、側面加工の立ち壁や深いポケット加工に最適な「アクアREVOミル4D」を新たなラインナップに追加。さらなる技術革新により、切削加工に新しい価値を提供していく。

〈アクアREVOドリルマイクロ〉

211018不二越1

 電機・電子や自動車部品の小径穴加工を狙いに、これまでの寸法範囲Ø2.0~Ø16.0 のスタブ・レギュラ・セミロングに加え、長寿命・高能率・多用途の特長はそのままに、新たな材料・形状を開発・採用したマイクロをラインナップに追加。

■特長
 折れにくさを追求し、超微粒子超硬合金とオリジナルの成分設計により、硬さと靭性を両立したマイクロドリル専用の超硬材料を新開発した。さらに、剛性と切りくず排出性を重視した溝形状を採用し、他社従来品に対して、ねじり破壊トルク11.2 倍(Ø0.5 にて)を実現。また、求心性と剛性の最適化設計により、穴位置精度を、他社品比で25%アップし、安定加工が可能。
■寸法範囲
 ・5D 寸法範囲: Ø0.5~Ø1.99 全150寸法
 ・参考寸法: 代表寸法 Ø0.5 全長38mm 価格3,350円/本
 ・10D 寸法範囲: Ø0.5~Ø1.99 全150寸法
 ・参考寸法: 代表寸法 Ø0.5 全長38mm 価格3,690円/本 
 (いずれも税抜き価格)

動画はコチラ↓
https://www.nachi-technologypark.jp/tool/product05/

〈アクアREVOミル4D〉

211018不二越2

 自動車・産業機械の幅広い分野に向けて、これまでのアクアREVOミル1.5D・2.5Dに加え、ロング刃長に最適な新形状を採用した4Dをラインナップに追加した。

■特長
 工具の心厚を大きくし、剛性を高めたことで、切削時の工具のたわみを抑制。加えて、シャープな切れ刃形状で切削負荷を低減し、他社従来品に対して被削材の加工面倒れが1/3 以下となり、安定加工を実現。

■寸法範囲
 ・4枚刃 4D Gタイプ(ギャッシュランド)寸法範囲:Ø1~Ø20 全20寸法
 ・参考寸法:代表寸法 Ø6.0 全長60mm    価格6,590円/本 (税抜価格)

動画はコチラ↓
https://www.nachi-technologypark.jp/tool/product03/

「ZTフォーミングタップ」新発売

211018不二越3

 2016 年に新ジャンルの革新タップ「Hyper Zタップシリーズ」を商品化し、安定した加工精度と切りくず排出性を両立する刃先・溝形状と、不二越独自の表面処理を施した切削タップで、ユーザーの生産性向上とコストダウンに貢献してきた一方で、自動車部品などの量産ラインでは、生産性向上のため、更なる長寿命化や安定した加工が求められており、切りくずトラブルが発生しない盛上げタップの需要が拡大している。

 同社ではこうしたニーズに応え、新開発の材料・形状・コーティングで、圧倒的な長寿命と低トルクを実現する、頂点を極めた(Zenith)強靭な(Toughness)盛上げタップ、「ZTフォーミングタップ」を市場投入した。

〈特長〉

(1) ZTフォーミングタップの革新性
 ①材料
 盛上げタップ専用に、組織を微細化したコバルトハイスを開発。ハイス母材の靭性を維持したまま、高硬度化を実現。
 ②形状
 ねじ山盛上げ部にマージンレスを採用。接触面積を小さくすることで摩擦抵抗を低減し、加工トルクと摩耗進行を抑制。新開発の油溝形状で切削油剤の流量を向上させ、先端まで油剤が届きにくい横形マシニングセンターでも、高い潤滑性能を発揮。
 ③コーディング
 新開発のZTコーティングは、靭性を向上させたAlTi 系膜と超平滑化処理の組み合わせにより、膜性能を最大限にし、低摩擦で優れた耐摩耗性・耐熱性を発揮。
 ④長寿命
 ZTコーティングによる優れた耐摩耗性・耐熱性と低摩擦の両立で、加工機械を問わず、他社従来品に対して3倍以上の長寿命化を実現。
 ⑤高精度
新形状の採用により、低トルク仕様で加工抵抗を抑え、バリの少ない安定しためねじ加工が可能。
 ⑥多用途
 延性の強いアルミニウム合金から、高硬度の調質鋼に至るまで、幅広い被削材に対応。

■シリーズと寸法範囲
 ・食付きが2ピッチのB形と、4 ピッチのP形の2 タイプをラインナップ
 ・参考寸法:M3~M16 並目・細目 全34寸法
 ・参考寸法:代表寸法 M6×1    全長62mm 価格3,400円/本 (税抜き価格)

発売日は2021年10月21日。

動画はコチラ↓
https://www.nachi-technologypark.jp/tool/product06/

 

 20211月sg_mol_edt_0