牧野フライス製作所 立形マシニングセンタ「V61」を新発売 ~作業負担軽減と生産性向上の両立へ~

 牧野フライス製作所は、このほど、立形マシニングセンタ「v61」の販売を開始した。

 同社は、「環境意識の高まり、デジタル化の加速、働き方の変化など、製造業における外部環境は大きく変化している。金属加工の世界においても、これまでとは異なる価値を創造することが求められている。」という認識のもと、生産現場における主たる課題として、下記の三つを挙げている。

 (1)「プログラム作成の負担」=プログラミング教育や専任スタッフ確保が難しい
 (2)「機械オペレータの確保」=熟練スタッフの退職、技術者の採用が困難
 (3)「限られた時間での生産」=機械停止、メンテナンスは最小限にしたい

v61の主な特長

(1)作業者の負担を軽減するソフトウェア
 機械を動作させるためのプログラム作成作業は最も負担がかかるが、同機ではプログラム作成を自動で行う“MachiningProcessor(マシニングプロセッサー)”を搭載することで、作業効率を格段に向上させる。

211105マキノ2
操作画面 Machining Processor(イメージ)

 

(2)機械停止、故障を最小化する構造
 同社横形マシニングセンタで実績のある一枚カバーをY軸テレスコカバーに採用することで、切りくず起因のトラブルを防ぐ。サーボモータ駆動のATCシャッターは信頼性に加え、動作時間の短縮も実現する。

211105マキノ3
写真左:Y軸テレスコカバー 写真右:ATCシャッター

 

(3)高剛性と高加減速の両立
 高剛性な構造体(ベッド部)とスラントコラム構造を採用し、多種の被削材へ対応できる加工能力と高い加減速を両立した。高い加減速は部品加工にて求められる、非切削時間の短縮にも寄与する。

211105マキノ4
写真左:3点支持(ベッド) 写真右:スラントコラム構造

 

〈仕様〉


211105マキノ5
 

 20211月sg_mol_edt_0