碌々産業 独立時計師の浅岡氏に『Expert Machining Artist』を授与

211122マシニングアーティスト

 碌々産業(社長=海藤 満氏)が、微細加工機をあやつるオペレータを「Machining Artist(マシニングアーティスト)」と呼び、普及活動を行っているが、さらに微細加工分野で卓越した技術をもって活躍している技術者を「Expert Machining Artist(エキスパート・マシニングアーティスト)として認定している。

 このほど、独立時計師の浅岡肇氏が「Expert Machining Artist」に認定され、浅岡氏が代表を務める東京時計精密内で授与式が行われた。 

 海藤社長は「浅岡氏は、策定したExpert Machining Artistの認定基準を見事に満たしており、今回の認定に至りました。」と授与の理由を述べた。浅岡氏は「Twitterなどで素晴らしい加工をされている方を拝見しますが、SNSを通して彼らと共通の言語で会話ができることを嬉しく感じていた。今回、Expert Machining Artistとして認定していただきましたが、非常に恐縮しています。」とコメントしている。

 なお、この「Expert Machining Artist」に認定された方々の登録証は、碌々産業のショールーム『MA―Lab』(Machining Artist’s Laboratoryの略)に飾られる。


■碌々産業の技術委員会が策定した「Expert Machining Artist」認定基準

 (1)ミクロン台の超精密加工でかつ美しく繊細(高品位)な微細加工を深く追求する人
 (2)自分の仕事に強いこだわりを持ち、常人では真似のできない微細加工を行っている人
 (3)微細加工に対し、常に向上心と進化を求める人
 (4)加工技術を見えるか(数値化=デジタルデータ化)し、論理的に分析する人
 (5)自分の得たスキルを公認へ伝承することにためらいのない人
 

 20211月sg_mol_edt_0