ヤマザキマザックグループの社員2名が令和3年度「卓越した技能者(現代の名工)」に選出

 ヤマザキマザックグループの纐纈鎌吉氏(大口製作所勤務)、五嶋武弘氏(いなべ製作所 勤務)の2名が、令和3年度の「卓越した技能者(現代の名工)」に選出された。

 「現代の名工」は、きわめてすぐれた技能を有し産業の発展に寄与した者を、厚生労働大臣が表彰する制度。

 纐纈氏は1974年に入社後、工作機械の組立・サービス業務に40年以上にわたり従事してきた。特にマシニングセンタのNCロータリーテーブルの組立では、テーブルユニットの耐久性・位置決め精度向上に貢献したことが評価され、今回の選出となった。
 
 五嶋氏は、1977年に入社後、大型工作機械の組立・据付業務に40年以上にわたり従事してきた。大型工作機械の迅速な据付手法の確立、国内外のサービスエンジニアへの技術指導に貢献したことが評価され、今回の選出となった。
 
 なお、ヤマザキマザックグループに所属する現代の名工は、今回の選出で累計12名となった。今後も高度な技能を有する人材の育成に努め、高性能な工作機械の提供を通して世界のものづくりの発展に貢献していくとしている。

纐纈鎌吉氏

211206名工1


●NCロータリーテーブルの組立手法の確立に貢献
 横形マシニングセンタのNCロータリーテーブル(加工物を載せる部分)は、カムシャフトとローラータレットで構成されている。カムシャフトとローラータレットの噛み合わせの調整には、熟練の技能が必要とされる。そのNCロータリーテーブルの組立手法を確立し、組立時間の短縮と品質向上に貢献した。

●数値管理により、テーブル主軸ユニットの高品質化に貢献
 複合加工機のテーブル主軸ユニットのベアリング与圧量をGNゲージを使用して見える化をする方法を確立した。与圧量を正確な数値で表し調整することにより、テーブル回転時の振れが安定し、機械の加工精度向上に貢献した。

五嶋武弘氏 

211206名工2


●大型工作機械の組立・据付手法を確立
 大型機械を出荷する際には、完成後に一度解体し現地で再度組み付ける作業が発生する。大型機械の迅速な組立・据付手法を確立し、機械の搬入から立上げまでの時間を短縮させることに貢献した。

●長年培ってきた技能を継承
 卓越した技能を海外サービスエンジニアに伝承し、マザックグループ全体の技能向上に貢献した。また、大型機の組立・据付業務を行う中で得た知見を設計部門や生産部門にフィードバックすることで製品のさらなる高品質化に貢献した。
 

MOLDINO

 

画像を挿入 画像 intermold2022_名古屋