【お知らせ】砥粒加工学会の次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会「砥石と工作物の弾性波がいざなう研削の世界 ~AEを用いた砥石評価と研削の効率化~」をテーマに研究会を開催

 砥粒加工学会の次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会が2月25日(金)、リアル開催は東京都内の御茶ノ水トライエッジカンファレンスにて、webではCisco Webex Meetingを活用したハイブリッドで「砥石と工作物の弾性波がいざなう研削の世界 ~AEを用いた砥石評価と研削の効率化~」をテーマに研究会を開催する。

 今回の研究会について同委員会は、「材料が変形したり亀裂が発生したりすると材料内部に蓄えられていたひずみエネルギが弾性波として放出されるが、この現象をアコースティックエミッション(AE)と呼ぶ。このAEはAEセンサで検知でき、砥粒と工作物の接触のような極小規模な接触でも検知できる。そのため研削加工においては、砥石と工作物の接触の検知に良く使われている。さらに、砥石表面状態の違いにより放出されるAEにも違いが生じることから、研削状態の検知にも利用できる。一方、砥石が変形した際に発生するAEを利用して砥石の縦弾性係数の算出も可能となっている。このようにAEを用いることにより研削時の情報取得や、砥石の特性を得ることができる。いわば、IoTにおける“もの”から生じる情報を得る切り札である。そこで今回はAEを研削加工に生かしている4つの事例について紹介する」としている。

【日時】2022年2月25日(金)13:00~16:50
【会場】お茶の水トライエッジカンファレンス(リアル)&Cisco Webex Meeting(Web)
【住所】東京都千代田区神田駿河台4-2-5 御茶ノ水NKビル(トライエッジ御茶ノ水)11F

詳 細

●13:00~13:05 開会挨拶

●13:05~13:55 講演1.表面波の伝播速度を用いた超砥粒ホイール砥粒層の評価
芝浦工業大学 澤 武一氏

●13:55~14:45 講演2.センサ内蔵型ホイールによる研削加工の見える化
㈱ノリタケカンパニーリミテド 五十君 智氏

●14:45~15:05 <休 憩>

●15:05~15:55 講演3.AEセンサによる研削加工の状態可視化と生産効率化
 長野県工業技術総合センター 長洲 慶典氏

●15:55~16:45 講演4.AEセンサを用いたインライン計測
㈱東精エンジニアリング 高瀬 康治氏

●16:45~16:50 閉会挨拶・事務連絡
(技術交流会:なし)

■参加費
 専門委員会会員:無料 非会員:15,000円 ※会員は5人まで、非会員は2人まで研究会に参加できる。リアルの参加人数が多い場合には相談の可能性有

■申込締切日
 2022年2月11日(金)
(注:当日キャンセルの非会員にはすでに準備費用がかかっているため参加費が発生する)

■その他
 ※ 講演会場でリアルでの参加する人数は40名(先着順)
 ※ 開催に関する詳細情報は参加希望者に後日通知
 ※ 講演者には開催前の状況により,リアルかWebのどちらでの講演かを選択

【問合せ/申込先】
 専門委員会事務局 田附宙美
 FAX:048-829-7046
 E-mail : sf-office@mech.saitama-u.ac.jp

↓申込用紙はこちらから↓
http://spe.mech.saitama-u.ac.jp/mysite5/application2021hybrid.docx
 

MOLDINO

 

画像を挿入 画像 intermold2022_名古屋