DMG MORI Boston グランドオープン

220510DMGMORI1
DMG MORI Boston外観

 

 DMG森精機(社長=森 雅彦氏)が、このほど研究開発、およびアメリカ北東部の販売・サービスの新たな拠点として、マサチューセッツ州サマービルにDMG MORI Bostonをグランドオープンした。

 森社長は現地時間4月12日(火)に開所式を行い、サマービル市長 Katjana Ballantyne氏、Tulip Interfaces共同創業者のCEO Natan Linder氏とCTO Rony Kubat氏、DMG MORI USAの太田圭一社長とともにテープカットを行った。

 DMG MORI Bostonは、経済発展が著しいアメリカ北東部のBoston近郊に位置する。この地域には、現在成長を続ける医療や航空宇宙、ハイテク関連企業が拠点を構えている。また、マサチューセッツ工科大学やウェントワース工科大学などの技術系大学にも近く、シカゴやデービスの拠点と同様に、同社が注力する自動化とデジタル化の研究開発において重要な役割を果たす。

 また、同じ建屋にTulip Interfacesの本社とショールームが入ることから、同社と密接に連携することで、「TULIP」を活用し、実践的な方法で工程のデジタル化をさらに推進し、製造現場の課題解決を支援していく。

 DMG MORI Bostonには、研究開発者やアプリケーションエンジニア、営業、サービスエンジニアなど約140名の社員が勤務している。テクノロジーセンタに設置する最新の機械やシミュレーターは、顧客が見学できるうえ、顧客のオペレータおよび社員の研修にも活用できる。さらに今後も競争力を維持し、革新的な技術を推進するために、デジタル化、人工知能、AM(積層造形)などの最先端技術に関する知識を持つ人材を採用する。

 今後、DMG MORI Bostonは、アメリカ北東部に販売・サービスを提供するだけでなく、世界中の顧客に新しいデジタル化ソリューションとプロセスを提供する拠点として、さらなる生産性向上に貢献していく方針。

220510DMGMORI2
テープカットの様子
左から、DMG MORI USA社長 太田圭一氏、DMG森精機 社長 森雅彦氏、サマービル市長 Katjana Ballantyne氏、Tulip Interfaces 共同創業者 兼CEO Natan Linder氏、共同創業者 兼CTO Rony Kubat氏

 

■DMG MORI Boston
【所 在 地】77 Middlesex Ave, Suite B. Somerville, MA 02145, USA
【建   物】1F建て(DMG MORIのテクノロジーセンタ、Tulip Interfacesのショールーム、 Tulip Interfaces本社、研究・開発、オフィス、会議室)
【展示内容】NTX 1000、NHX 4000、DMU 60 eVo linear、DMP 70、TULIP、Messenger、my DMG MORIを含むデジタルソリューション
【社   員】約140名(Tulip Interfacesの社員を含む) 
 

MOLDINO

 

画像を挿入 画像 intermold2022_名古屋