アマダ ハンディファイバーレーザ溶接機のNEWスタンダード! 「FLW-1500MT」を発表

220526アマダ1

 アマダはこのほど、作業者を選ばずにワイドレンジな溶接が可能なハンディファイバーレーザ溶接機「FLW-1500MT」の販売を開始した。

 「FLW-1500MT」は、熟練の技術を必要とするTIG溶接から、誰にでも使いやすいファイバーレーザ溶接への変革を行うことのできるスタンダードモデルのマシン。光の周期、振幅を自由に可変できる「ウォブリング機能」を新たに搭載し、板厚、材質、仕上がりによって溶接の幅を変えることが可能になった。

 細く鋭いビームを揺動させることで、従来は難しかったR面溶接や隙間への溶接範囲の拡大、フィラー溶接が容易になり、ステンレスや軟鋼だけでなく、アルミも板厚4mmまで高品位な溶接が可能になった。さらに、安全性や操作性の向上に加えて省エネ、省スペース化などを実現した。

 「板金加工業界では、少子高齢化による人手不足に加え、熟練技能の継承が大きな課題となっている。特にTIG溶接における工程では手動で行うトーチの送り調整やワークとノズルの高さを一定に維持させる必要があるなど、熟練工による高い技術と経験が必要」と同社。

 対象業種は半導体、医療機器、食品加工器具などステンレスを中心とした精密機械業から、パイプやアルミの溶接を必要とする装置カバー、筐体などの金属部品業まで幅広く対応し、多品種少量生産にも最適。また、ナット溶接やスポット溶接の置き換えなどにも対応する。

「FLW-1500MT」 主な特長

●溶接能力の向上と省エネを実現
 最大ピーク出力2500W、最大定格出力1500Wの高出力化により、従来の溶接機と比較して材料を貫通する際の板厚や、R面溶接の溶け込み能力が大幅に向上した。さらに電力消費量を約76%削減(SPCC板厚1.6mmの溶接加工時)し、省エネも実現した高効率な溶接機。

●新たなセンサー技術による安全性の向上
 レーザ溶接用無線ヘルメットにより、溶接加工時に発生する素材からの反射光や、ヘルメット非装着時のレーザ出射を完全に防止する。また、材料からトーチの先端が外れた場合、レーザ出射が止まる「材料センサー」と、空打ちを瞬時に防止する「プラズマセンサー」を組み合わせることで、溶接中やその前後の誤出射を防止する。

●アプリケーションと連動し、操作性を向上
 本マシンは専用のアプリケーションをインストールすることで、モバイルでの操作ができる。板厚や材質、CW(連続波)発振とパルス(単発)発振のレーザ出力モードを、モバイル上で条件変更ができる他、アラームを即時に確認できる。従来から好評の導電性カーボン製ノズルを採用することで、ワーク上での滑りが良くスムーズで安定した送りが可能。さらにトーチをL型にし、ノズルを細くすることで加工点の視認性が向上し、狭小部への溶接も容易になる。

●溶接機、パーテーションの省スペース化を実現
 空冷発振器(チラー不要)とコントローラ-を一体化し、溶接機もコンパクトに設計することで、従来機に比べ設置面積を約42%削減できる。さらに、パーテーションは折り畳みが可能なキャスター付きのため、省スペースかつ納入後すぐに活用可能。

仕様
220526アマダ1
 

MOLDINO