タンガロイ 三次元倣い加工で驚異的な信頼性! ラジアスカッタ 新「FixRMill」シリーズを発売

220822タンガロイ

 タンガロイがこのほど5軸加工機での三次元形状の倣い加工や、ステンレス鋼・難削材加工で抜群の性能を発揮するラジアスカッタ「FixRMill」(フィックス・アール・ミル)の新シリーズを発売した。

特長

 「FixRMill」は、丸駒インサートを使用するラジアスカッタで、金型の意匠面などの三次元曲面の倣い加工等で高い切削性能を誇る。丸駒インサートを使用して倣い加工を行うと、インサートの締付けねじが緩む等の問題が生じやすいとされているが、同製品は独自のインサート回転防止機構によりこの問題を解決している。

 インサートはR=6mm仕様で、8回のインデックス(コーナーチェンジ)が可能で非常に経済性の高い「C8タイプ」と、切込みを大きくしても6回のインデックスが可能な「C6タイプ」の2形状を設定。どちらも同じボディを共用できる。

 チップブレーカには、切れ味と刃先強度を併せ持つMM形を採用しており、切れ刃にかかる負荷の変動が大きな倣い加工においても高い信頼性を発揮する。また、インサート材種には汎用性の高いAH3135と、特に難削材で優れた寿命性能を誇るAH8015を設定し、幅広い被削材の加工をカバーしている。

■主な形番と標準価格(税抜き)
・RQMT1204ENC8-MM AH3135:1,310円
・RQMT1204ENC6-MM AH8015:1,310円
・TRRQ12M050B22.0R06(φ50mm):54,100円
・ERRQ12M040C32.0R04(φ40mm):33,000円

MOLDINO

 

JIMTOF2022