牧野フライス製作所 超短パルスレーザ加工機「LUMINIZER LF400」の販売を開始

220822牧野

 牧野フライス製作所は、このほど超短パルスレーザ加工機「LUMINIZER LF400」の販売を開始した。

 同社は2020年11月にレーザ加工機事業へ参入して以降、多くの問い合わせを受けており、近年、切削加工や放電加工では対応できない形状・材質の加工要求の高まりや、現在トレンドでもある半導体関連産業と医療機器分野市場の活況を背景に、将来的な市場拡大を睨んでいる。

 同社では、「〝今まで出来なかったことを可能にすることで産業の発展に貢献する〟ことで産業の発展に貢献する。」と意気込みを示している。

主な特長

(1)超短パルスレーザ(フェムト秒レーザ)の採用
 

220822牧野図1
ファムト秒レーザ(イメージ)

 照射時間が極めて短い(1fs=10 のマイナス15 乗秒)レーザを用いることで、熱拡散を低減し、変質層やクラックを発生させない加工が可能。微小形状の加工を高品質に仕上げることができる。

(2)ガルバノスキャナの活用
ガルバノスキャナを搭載し、加工内容に適したレーザ制御を行う。

220822牧野図2

 

(3)レーザ加工に適した機械筐体設計
 加工実績に基づいた光学機器のレイアウトを採用。マシニングセンタで培われた高精度位置決め技術の活用で、高精度で安定した加工を実現する。恒温チャンバ(※オプション
仕様)も準備し、外気温変化の影響も最小化する。

(4)ユーザーフレンドリーなソフトウェア
 

220822牧野図3
操作画面

直観的な操作が可能なオペレーションパネルを採用し、オペレータを迷わせない。周辺機器含めて同じシステムからの操作が可能。

主な仕様

220822図4
 

MOLDINO

 

JIMTOF2022