DMG森精機 新卒初任給を引き上げ

 DMG森精機がこのほど、2023年4月より、新卒初任給引上げを実施すると発表した。新卒初任給の大幅改定は2019年以来4年ぶりで、2023年4月入社の新入社員に対して、博士課程卒は363,490円から475,000円へ、修士課程卒は285,250円から310,000円へ、学部・高等専門学校専科卒は272,210円から300,000円へ引上げる。なお、2022年4月の給与改定にて、短期大学・高等専門学校本科卒は213,530円から255,910円へ、高等学校卒は、184,190円から239,610円に引上げていたが、今回さらに短期大学・高等専門学校本科卒は290,000円に、高等学校卒は280,000円に引き上げる。

 これにより、賞与を含めた初任年収は、博士課程卒6,825,000円、修士課程卒4,650,000円、学部・高等専門学校専科卒4,000,000円、短期大学・高等専門学校本科卒3,700,000円、高等学校卒3,500,000円になる見込み。また、新卒以外の従業員の給与は、新卒初任給の水準に合わせて2022年7月より改定済みで、高度な人材を確保することで、激動する外部環境に適切に対応できる企業として成長を続けていく方針。

 同社では、「現在、様々な言語・国籍・性別・専門分野を持つ約12,000名の社員が、日本・ドイツ・アメリカ・イタリア・ポーランド・中国など43ヵ国で働いており、世界中のあらゆる地域・業種・規模の個別の顧客に対して最適なソリューションを提供するため、社員に求められるスキルや知識は一層高度化している。」としており、学部・高等専門学校専科・高等専門学校本科・短期大学・高等学校卒に加えて、かねてより力を入れている博士課程・修士課程卒、さらに海外大学の卒業者や通年・キャリア採用など、採用においても多様化が進んでいることを背景に、月給や賞与単位ではなく、年収ベースで世界各国の給与と比較して適正化を図っている。従業員の給与改定を実施するとともに、今回日本における初任給および年収を国際標準の賃金水準に改定するに至った。

220912DMG森精機

 
 

MOLDINO

 

JIMTOF2022