サンドビック 新製品「CoroMill® Dura」を市場投入

221024サンドビック

 サンドビック・コロマントは、このほど、「CoroMill® Dura」を市場投入した。この製品は、あらゆる被削材 (ISO P/M/K/N/S)の荒加工から仕上げ加工まで、様々な加工に対応するように開発された汎用超硬エンドミル。

 主な特長は、不等リード・不等ピッチで、全てのリード角、ピッチが異なる完全なる不等になっていることにより、共振を防ぎびびりを低減させること。これを同社では、「WhisperKut™テクノロジー」と呼んでいる。この技術により、加工面品質の向上はもちろん、切削音が低く、切削抵抗が少ないことにより加工条件を下げる必要がないため、静かで安全かつ効率的な加工が可能になる。

 製品ラインナップは、ボリュームゾーンである4枚刃で刃長1.5xDcと2xDcのほか、7枚刃ブレーカ付き仕様の刃長2x、3x、4xDc仕様まで多岐にわたる。工具材種は全て信頼性の高い高耐摩耗性材種であるGC1730を採用しており、GC1730は他のエンドミルで信頼性を勝ち得ている超微粒子超硬母材にTiCrN等のPVDコーティングを施している。

 また、忠実な刃型の再現のため、宮城県にある「リコンディショニングセンター瀬峰」にて再研磨サービスにも対応している。

 なお、サンドビック・コロマントでは超硬ソリッド工具の位置づけを大きく下記の3つに分類している。顧客の要求仕様に合わせて製作する、カスタマイズ【C】(一般の特殊品およびテーラーメードも含む)、高能率加工をターゲットとした最適化工具【O】、(Optimized)工具の集約が可能なオールラウンドの汎用工具【Ⅴ】(Versatile)。「CoroMill® Dura」はオールラウンダーで多用途分野に対応する【V】に属している。
 

20211月sg_mol_edt_