2022年9月分工作機械受注総額は1,508.5億円 日工会 

 日本工作機械工業会がこのほどまとめた2022年9月分の受注実績は以下の通り。

 2022年9月分工作機械受注総額は、1,508.5億円(前月比+8.3% 前年同月比+4.3%)となった。受注総額は、3カ月ぶりの1,500円超、単月として過去14番目の高水準。9月では2018年(1,535億円)に次ぐ過去2番目。1,000億円超は20カ月連続。
    
 内需は524.2億円(前月比+1.2% 前年同月比△8.9%)で、4カ月連続の500億円超。年度半期末の効果もあり、前月比増加。これまでの勢いは落ち着きつつあるものの、国内需要は堅調持続。

 外需は984.3億円(前月比+12.4% 前年同月比+13.1%)で、3カ月ぶりの950億円超。年度半期末や展示会効果により主要3極全てで前月比増加。9月としては2018年(890億円)を超え、過去最高額。

 9月の受注は内外需とも依然として高レベルの受注が継続。金融政策の動向に伴う世界景気の先行きなどを注視。

9月分内需

524.2億円(前月比+1.2% 前年同月比△8.9%)。

・4カ月連続の500億円超。前月比3カ月ぶり増加。前年同月比19カ月ぶり減少。
・前月比3カ月ぶり増加。前年同月比19カ月ぶり減少。
・前年の受注額が高水準だったため前年同月比減少も受注水準は堅調持続。

221107日工会1

(出所:日本工作機械工業会)

9月分外需

984.3億円(前月比+12.4% 前年同月比+13.1%)

・3カ月ぶりの950億円超。9月では過去最高額を記録し、単月でも過去10番目。
・前月比4カ月ぶり増加。前年同月比23カ月連続増加。
・期末効果や展示会効果により、主要3極全てで前月比増加し、高水準持続。

221107日工会2
(出所:日本工作機械工業会)


 

20211月sg_mol_edt_