アマダ ファイバーレーザーマシン「REGIUS-3015Aje」がMM賞を受賞

221107アマダ1
現地での記念撮影。左から5人目が磯部社長。

 アマダ(社長:磯部 任 氏)は、10月25日、ドイツ・ハノーバーで開催された世界最大級の板金加工業界の見本市「EuroBLECH 2022」において、MM賞を受賞した。

 MM賞は、ドイツで最も権威のある製造業界誌「MM MaschinenMarkt」が、金属加工業界における先進的、革新的な出展製品に対して表彰するもので、同社が受賞した商品は、誰にでも高速・高品質な加工を可能にするファイバーレーザマシン「REGIUS-3015AJe」。

  現在、板金加工の製造現場では、さらに高まる精度の要求や短納期への対応、加工技術の伝承などを背景に生産性の向上や段取り・操作の簡易化に対するニーズが高まっている。「REGIUS-3015AJe」は、これまでの「REGIUS-AJシリーズ」の機能を引き継ぎながら、新開発のビームコントロール技術でこれまでにない滑らかな切断面を実現し、高速と高品質を両立させた。

 また、新開発のNC装置「AMNC 4ie(アムエヌシー・フォー・アイ・イー)」を搭載。オペレーターを顔認証して作業者に合わせた操作画面の起動、言語表示、権限の切り替えなどを自動で行うことで、熟練度を問わないマシンへと進化させた。さらに、モバイル端末によるリモート操作を採用し、マシンから離れた場所でも状態を監視できるほか、材料の管理やスケジュール作成、加工をリモートスタートさせるといった一元管理ができ、一人で複数台のマシン操作が可能になった。

 同社では、「MM賞は2022年より一般投票による受賞となり、REGIUS-3015AJeは多くのお客さまに支持されました。今後もアマダは、差別化した加工技術でお客さまの課題とニーズを解決し、モノづくりに貢献します。」とコメントしている。

221107アマダ2
MM賞を受賞した「REGIUS-3015AJe」


 

20211月sg_mol_edt_