黒田精工 伊藤忠丸紅鉄工グループと合弁会社設立

221107黒田精工
写真左から紅忠コイルセンター関東 島田社長、伊藤忠丸紅鉄鋼 塔下社長、黒田精工 黒田社長

 黒田精工(株)(社長:黒田浩史氏)がこのほど、伊藤忠丸紅鉄工(株)(社長:塔下辰彦氏)、紅中コイルセンター関東(株)(社長:島田和宏氏)と、モーターコア製造事業を行う合弁会社を設立することに合意したと発表した。

 近年、環境負荷低減の動きが世界的に加速し、日本国内においても電動車の需要が急速に伸びている状況において、伊藤忠丸紅鉄鋼グループ及び黒田精工は共同で電動化戦略を模索しており、黒田精工が持つ最先端のモーターコア製造技術と、伊藤忠丸紅鉄鋼グループが持つコイルセンター機能・プレス操業ノウハウを集約し、このほど、高品質・高性能な電動車駆動用モーターコアを量産することを決定した。

 電動車駆動用モーターの技術は国内外を問わず日進月歩で発展しており、三社が持つリソースを活用し、車載用モーターコア製造事業を一丸となって拡大・拡充し、社会の脱炭素化に寄与する方針。

合弁会社の概要

会社名 : 紅忠黒田ラミネーション株式会社
Benichu-Kuroda Laminations Co.,Ltd.
事業内容 : モーターコア製造事業
本社所在地: 茨城県那珂市
株主構成 : 伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社51%
紅忠コイルセンター関東株式会社29%
黒田精工株式会社20%
設立 : 2023年1月 (予定)
 

20211月sg_mol_edt_