DMG森精機 高剛性と空間精度15 µm以下の高精度を兼ね備えた大型横形マシニングセンタ「NHX 10000 µPrecision」を開発

230116DMG森精機1

 DMG森精機がこのほど、建設機械、航空機、金型、自動車、印刷機、産業機械、エネルギー関連産業などをターゲットに、高剛性と空間精度15 µm以下の高精度を兼ね備えた大型横形マシニングセンタ「NHX 10000 µPrecision」を開発した。
 
 同社は2006年から2016年まで、スイスDIXI MACHINES社の経営にかかわり、その製品は20世紀の世界最高峰の機械と言われているが、この培った技術をもとにドイツ・日本で熟成を重ねて、さらに高精度な大型工作機械の開発に成功。すでに欧州の大型超精密加工のお客様に複数台が納品されている。このほど、量産化の準備が整ったため公開に踏み切った。

 NHX 10000は最大ワークサイズΦ2,000 mm×1,600 mm、最大積載質量5,000 kgの当社最大の横形マシニングセンタで、2011年の発売以来多くの顧客に活用されている。今回開発した「NHX 10000 µPrecision」は、高精度化が進む建設機械や航空機、金型、自動車、エネルギー産業など、大型ワークの高精度加工に特化した機械。機械本体の土台となるベッド剛性を大幅に高めるとともに、3点支持構造とすることで大型ワークの高精度加工を実現した。

 機械ストローク時の自重による変形の影響を解析により算出し、高精度に機械案内面の加工を行うとともに、摺り合わせによる最終仕上げにより空間精度15 µm以下を達成する。また、フルストローク(X軸:1,700mm、Y軸:1,400mm、Z軸:1,510mm)での真直度精度6 µm以下を保証している。さらに、重力軸であるY軸送り軸専用の冷却装置を追加し、熱源となる機器を機械本体から切り離すことにより熱変位を抑制し、高精度加工を維持する。

 主軸やワークへの接近性も良く、作業性に優れた設計となっている。また、クーラントタンク内の微細なスラッジを高効率に回収するゼロスラッジクーラントタンクを標準搭載しているため、清掃頻度が大幅に低減され、メンテナンスによる機械停止時間と費用を大幅に削減できる。パレットプールシステム(CPP/LPP)などの自動化システムと組み合わせることで、さらなる生産性向上を実現する。

 同社では、2021年から部品調達から商品出荷までの工程において、全世界の生産拠点で CO2排出量実質ゼロの生産を実現しており、「NHX 10000 µPrecision」にもカーボンニュートラルな体制で生産された商品を表す「GREEN MACHINE」マークを付与している。GX(グリーントランスフォーメーション)を実現するためには、より高度な部品・高度な加工が必要と考えている同社では、今回、高剛性で高精度かつ作業性やメンテナンス性が優れた「NHX 10000 µPrecision」を活用することで、生産性の向上を実現するとともに、CO2排出量や消費電力の削減により、顧客の環境対策にも貢献するとしている。

主な特長

230116DMG森精機2
加工領域全体で空間精度15μm以下

(1)高精度
 ・空間精度15 µm以下
 ・フルストローク(X軸:1,700mm、Y軸:1,400mm、Z軸:1,510mm)での真直度精度6µm以下
 ・Y軸送り軸専用の冷却装置追加、熱源となる機器の機械本体から切り離しによる熱変位低減

(2)高剛性と長期にわたる加工精度の安定
 ・構造解析により、ベッドの強化と高剛性を実現
 ・3点支持構造により、長期にわたる加工精度安定と据付作業時間を短縮

(3)優れた作業性とメンテナンス性
 ・主軸やワークへの接近性が良く、治具調整などの段取り替え作業の負荷を低減
 ・段取りステーション側に2,290 mmの広いドア開口幅を実現
 ・クーラントタンク内の微細なスラッジを高性能サイクロンフィルタで高効率に回収する「ゼロスラッジクーラントタンク」を標準装備、タンク清掃作業を大幅に削減

(4)自動化システム(多様化する生産課題を解決するため、さまざまな自動化システムを提供)
 ・CPPシステム(コンパクトパレットプール)
 ・必要なパレット枚数に応じて、8つのパッケージからお客様のニーズに最適な仕様を選択するシステム
 ・LPPシステム(リニアパレットプール):立体タイプのパレット棚など、システム構築を自在にカスタマイズでき、顧客の生産性と稼働率を最も引き出せるシステム

(5)サスティナブルな生産を実現する環境に配慮した製品
 ・高精度加工と高生産性の実現により、CO2排出量や消費電力を削減
 ・カーボンニュートラルな体制で生産されたGREEN MACHINE
 

20211月sg_mol_edt_

 

GTJ2023