MOLDINO ⾼硬度鋼加⼯⽤ボールエンドミル「EPDBEH-TH3」にショートシャンクタイプを追加発売 ~焼き嵌めホルダに最適な全長設計・工具外径の実測値ラベル表記を開始~

230116MOLDINO1
写真左:レギュラーシャンク(従来品) 右:ショートシャンク(新製品)

 

 MOLDINOが、このほど⾼硬度鋼加⼯⽤ボールエンドミル「EPDBEH-TH3」に焼き嵌めホルダに最適な全⻑設計の"ショートシャンクタイプ"の販売をするとともに同商品から⼯具外径の実測値のラベル表記を開始した。

 同社では2017年1⽉にエポックディープボールエボリューションハード-TH3「EPDBEH-TH3」を発売しており、この商品は次世代コーティング「TH3」を採⽤した⾼硬度鋼加⼯向けの超硬ボールエンドミルとしてユーザーから高い好評を博している。⼀⽅、焼き嵌めホルダで使⽤する際は従来品のシャンク⻑では⻑すぎるため、切断が必要になるケースが多くあった。この切断はユーザーが実施するケースが⼤半であり、切断⼯数の削減に対する要望が以前から根強くあったことを受け、同社では、焼き嵌めホルダに最適な全⻑設計のショートシャンクタイプを開発した。高硬度鋼を使用する各種精密敵ったの加工や文字彫り加工に威力を発揮する。

〈特長とメリット〉

(1)新開発した次世代コーティング「TH3」を採⽤し、⾼硬度鋼の加⼯において優れた耐摩耗性を発揮する。
(2)⾼硬度鋼加⼯⽤に適正化したダブルフェイス形状を採⽤し、⼯具の摩滅を抑制する。
(3)⾼精度加⼯を追求した⼯具設計により、ワークの削り残り量を低減する。
(4)ショートシャンクタイプは焼き嵌めホルダに最適な全⻑設計。また、このタイプから⼯具外径の実測値のラベル表記を実施する。測定の⼿間なく実⼯具径をCAMに反映するので加⼯精度の向上に貢献する。

■仕様
 追加発売のショートシャンクタイプ
 R0.05(Φ0.1)〜R1.25(φ2.5) 全100アイテム

■価格
 追加発売のショートシャンクタイプ
 ¥5,020〜¥19,710(消費税別)

230116MOLDINO2
 

20211月sg_mol_edt_

 

GTJ2023