サンドビック 新製品「Coromant Capto®回転工具ホルダプラス」を日本市場に投入

230309サンドビック


 サンドビック・コロマントは、このほど「Coromant Capto®回転工具ホルダプラス」を日本市場で導入したと発表した。

 この製品は、サンドビック・コロマントが提供するデジタルソリューション「CoroPlus®」のシリーズに属する製品で、ターニングセンタ向けにCoromant Capto®のインターフェースを搭載した回転工具ホルダ内にセンサーを内蔵し、ホルダの状態を見える化するものである。

 センサーが取得したデータは同じくホルダ内に内蔵された通信ユニットからBluetooth の無線信号の形で機外に送信され、機外ではそのBluetooth 信号をPC 等で受信し専用ソフト上で見える化する。例として、スピンドルの振動レベルや回転数と回転方向、温度などをモニターすることが可能だ。また、それらのデータからホルダのメンテナンスが必要なタイミングまでの残時間を算出し表示する。

 さらに振動レベル、回転数、温度の最大値の履歴をホルダごとに記録し保持する機能も持っている。これにより、従来は一定期間で定期的なメンテナンスをしていたものが、ホルダごとの負荷や使用状況を考慮しつつ最適なタイミングでメンテナンスを行えるようになった。必要以上に早過ぎるタイミングでのメンテナンスや、逆に遅過ぎるタイミングでのメンテナンスによって生じる無駄を削減でき、同時にメンテナンス不良による突発的な停止リスクの低減も可能になる。

 現在、DMG 森精機、ヤマザキマザック、オークマの機械に対応したラインナップを展開している。(上記メーカーであっても適応する回転工具ホルダがない場合もある)

230309サンドビック2


 

MOLDINO