NaITO「今年は攻めの営業をしていく」新年賀詞交歓会を開く

240205NaITO
あいさつをする坂井社長

 NaITO(社長=坂井俊司氏)が1月9日、京王プラザホテルで新年賀詞交歓会を開いた。

 あいさつに立った坂井社長は、冒頭、元旦に起きた能登半島地震により犠牲や被災された方々に悔やみとお見舞いの言葉を述べたあと、「昨年5月にコロナ感染症が5類に分類され会合も活発に行われるようになったことにより業界でも明るい雰囲気になっていると感じている。円安が追い風で輸出関連企業を中心に業績も改善されてきた一方、国内の中小企業に限ってはコロナ前の状況には戻っていない中でヨーロッパ、中東での戦争といった地政学的、政治的な問題、中国経済失速と言った逆風もあり昨年度は厳しい状況だったのではと感じている。」と振り返り、「今年は攻めの営業をしていきたい。」と意気込みを示した。

 続いて第3四半期の業績について触れた。それによると売上高は334億3,000万円となり、前年並みとなった。また、来年度に向けた営業販売施策として、(1)品揃えの拡充、(2)受発注のさらなる利便性、業務効率の向上、(3)エンドユーザーに直接プレゼンできる営業スタイルを目指す――――とした。

 乾杯は、長島千里 京セラ 機械工具事業本部長が行った。宴たけなわのころ、岡田一成 イスカルジャパン 代表が中締めを行い散会した。

MOLDINO