「ROBOT TECHNOLOGY JAPAN 2024」事前来場登録とセミナー聴講予約の受け付けを開始!

 ニュースダイジェスト社(社長=樋口八郎氏)と愛知県機械工具商業協同組合(理事長=水谷隆彦氏)はこのほど、産業用ロボットと自動化システムの専門展「ROBOT TECHNOLOGY JAPAN(ロボットテクノロジージャパン、RTJ)2024」の事前来場登録の受け付けを開始した。RTJ2024は今年7月4日(木)~7月6日(土)に愛知県常滑市のAichi Sky Expo(愛知県国際展示場、アイチ・スカイ・エキスポ)で開催する。

 事前来場登録をすると、入場料金(通常1000円)が無料になる。公式ウェブサイト(https://robot-technology.jp/)で受け付けている。また、同日に、会場内の主催者ステージで開催するセミナーの聴講予約の受け付けも開始した。

 会期初日の7月4日(木)は「ロボットが現場を変える」と題した2つの基調講演を企画。製造や物流の現場の将来像について、業界のフロントランナーが語る。

 2日目の7月5日(金)には、愛知県が主催する「WRS2025開催記念シンポジウム」と、日本ロボットシステムインテグレータ協会が主催する「SIer’s Day in 中部(愛知)」を開く。

 なお、「SIer’s Day in 中部(愛知)」への参加申し込みは日本ロボットシステムインテグレータ協会の特設サイトから↓
https://www.jarsia.com/SI/188.php

 3日目の7月6日(土)には「ロボットでこんなことも!最新活用法」と題し、航空機メーカーのボーイングや、エンジニア育成に取り組む次世代ロボットエンジニア支援機構での活用事例を紹介する。各セミナーとも無料で定員は300人。事前登録制で申し込みは先着順。
 

moldino_banner

 

 

intermold2024_名古屋