ドーマー・プラメット アジア太平洋地区での事業を強化

240603ドーマー
シンガポールのアジア太平洋物流センター

 

 金属切削工具の大手プロバイダーであり、サンドビック・グループの一員であるドーマー・プラメットは、アジア太平洋地区での事業を強化し、顧客の需要にシームレスに対応するために、昨年参入した日本に加え、2024年4月17日付で新たにアジアの主要4市場であるタイ、ベトナム、韓国、インドネシアに現地法人を設立したと発表した。また、各市場への物流効率向上のため、シンガポールのアジア太平洋物流センターからの配送・出荷業務を開始した。
 
 今回、タイ、ベトナム、韓国、インドネシアの現地法人設立により、これまですべて英国法人が行っていた東南アジア、オセアニア地域関連の業務をそれぞれの現地法人に移管した。タイの現地法人は、オーストラリア、ニュージーランド、スリランカ、フィリピン、シンガポール、香港、台湾、マレーシアを含む市場にて、ドーマー・プラメット社のアジア事業運営の主要拠点となる。
 
 シンガポールを拠点とするサンドビック・グループのアジア太平洋物流センターは、アジア太平洋全域におけるドーマー・プラメットの主要な物流拠点としての役割も果たすことになる。同センター活用により、納期は大幅に改善される。これまではオランダの物流センターから日本への輸送に最長5日を要していたが、これが最短1日に短縮される。国内主要都市で翌日配送が可能になり、その他の地域でも2日以内の迅速な配送が可能となる。その他アジア地域では、2~3日以内の配達が可能であり、迅速で確実な製品の提供を目指す。

 
 

moldino_banner

 

 

intermold2024_名古屋