日立建機がホイールローダ ZW-5シリーズ6機種を発売

日立建機(社長=辻本 雄一氏)は、新型ホイールローダZW-5シリーズとして、ZW220-5B(標準バケット容量3.4m3、運転質量17.3t)、ZW250-5B(同3.7m3、同19.7t)、ZW310-5B(同4.2m3、同23.8t)、ZW330-5B(同4.6m3、同25.4t)、ZW370-5B(同5.6m3、同32.9t) 、ZW550-5B(同6.1m3、同46.2t)の6機種を4月1日から順次発売すると発表した。(ZW370-5B、ZW550-5Bは6月1日から発売。)
本機は、排出ガス規制のオフロード法2011年基準に適合したホイールローダで、同社と株式会社KCMとの共同開発により両社の技術を結集させたニューモデル。現行モデルの良さを踏襲しながら、経済性、作業性能、オペレータの快適性など、ホイールローダに求められるあらゆる点を改良し、ユーザーニーズに応えるとしている。
販売目標は、国内向けに6機種合計で年間150台を見込んでいる。
主な特長は以下の通り。

燃料消費量を10~20%低減
・ZW-5シリーズには、機械の動きを瞬時に判断し、エンジン回転数を制御する「アクティブエンジンコントロールシステム」を採用。これにより、作業中の無駄なアクセルの踏みすぎを補正し、燃料消費量低減を実現した。
・ZW220-5B、ZW250-5B、ZW310-5B、ZW330-5Bは、アクティブエンジンコントロールシステムの採用により、従来機比約10%※1の燃費低減を実現した。
・ZW370-5B、ZW550-5Bは、アクティブエンジンコントロールシステムの他、ロックアップトルクコンバータ、可変容量ポンプなど、最新の技術を採用したことで、従来機比約20%燃費低減を実現した。

時代にマッチした環境性能
・排出ガス規制は、日本のオフロード法2011年基準の他に欧州(Stage ⅢB)、北米(Interim Tier 4)に対応している。
・排出ガスの後処理装置にはPM(粒子状物質)を捕集し燃やすマフラーフィルタを搭載している。
・最適な燃焼を促す可変式ターボチャージャーを搭載している―――など。