日進工具 「あたり前のことをバカにしないでちゃんとやる」 精密微細5軸セミナーを開催

231204top(500)

 

 日進工具(社長=後藤弘治氏)が、10月25日~27日までの3日間、同社仙台工場(宮城県黒川郡大和町松坂平)にて「精密微細5軸セミナー」を開催し、北は北海道から、南は鹿児島まで、全国からエンドユーザー、約150人が仙台工場を訪れた。

 

231204top1 このイベントは、トレンドの精密微細加工や5軸加工に携わっている顧客や、これから取り組まれる予定の顧客に向け、様々な情報を届けるのが狙い。

 後藤社長は冒頭のあいさつで、「精密微細加工は各方面から要望されている。皆様にお役に立てることを願っている。」と話したあと、長年、精密微細加工を追求してきた小径エンドミルづくりやモノづくりへの思いを示した。

231204top2
地震対策について説明をする後藤副社長

 また、この日は、後藤隆司副社長が、同社の歴史や東日本大震災を経験した企業の観点から、開発センターに「オールラウンド免震」を採用した経緯、工場内での地震対策について説明をした。

 今回の基調講演は、松岡技研研究所の松岡甫篁氏(工学博士/技術士)を講師に迎え、「5軸制御MCによる精密微細切削技術の最新動向」をテーマにして5軸MC向けエンドミル開発と、切削技術の理論解説、切削データの紹介などを具体的に説明した。

1 / 3 ページ
MOLDINO