安田工業 新規事業開発課が熱い! ~クリエーターを刺激する『Labonos』が製造工程を変える~

210426top

 現在、製造業界で大注目の『Labonos(ラボノス)』は、安田工業(社長=安田拓人氏)の技術本部 開発部 新規事業開発課が開発したマシンだ。3Dプリンタと同等以上の使いやすさを実現しているにもかかわらず、精度の高い切削加工を行うという、3Dプリンタとマシニングセンタの良いとこ取りをした画期的なマシンである。したがって従来の切削加工機で必要だった専門知識は不要であり、たとえ意匠性の高い複雑形状であっても、誰もが簡単に美しい加工が行えるシステムを搭載しているのが特長だ。

 同社の新規事業開発課を訪ね、『Labonos』の開発に至った経緯や、マシンの技術的特性について徹底取材した。
 

続きを読む

 20211月sg_mol_edt_0

 

 intermold2021_1

 

ピックアップ

碌々産業 牧野フライス精機の荒木氏に『Expert Machining Artist』を授与

海藤社長 荒木スペシャリスト
写真左:碌々産業 海藤社長 右:牧野フライス精機 荒木シニアスペシャリスト

 碌々産業(社長=海藤 満氏)が、微細加工機をあやつるオペレータを「Machining Artist(マシニングアーティスト)」と呼び、普及活動を行っているが、さらに微細加工分野で卓越した技術をもって活躍している技術者を「Expert Machining Artist(エキスパート・マシニングアーティスト)として認定している。このほど牧野フライス精機(社長=清水大介氏)の技術部に所属するシニアスペシャリストの荒木裕二氏が「Expert Machining Artist」に認定され、牧野フライス精機内で表彰式が行われた。