無造作淑女

三菱マテリアル筑波製作所の帽子

120124ブログ1

昨日は三菱マテリアル筑波製作所にお伺いしました。新しいインサート量産ラインです。
写真撮影はNGなので掲載できないのが残念ですが、もうピカピカなのよ、なにもかも。
自分の姿が映るくらい磨き上げられた床。埃ひとつない。

この様子は次回にアップする予定ですのでお楽しみに。

新年早々、ウィルス性胃腸炎で撃沈してしまいましたがもうすっかり元気になりました。
仕事が押して押して焦っています。

かっこいい787!

120121a

きゃ~! カッコイイ!
これは下村栄司氏が撮影した787です。ブログよりも一足先にFBとtwitterで公開しましたところ、様々な方に「カッコイイ!」とご注目をいただき、リツィートされました。

たしかに素敵☆
このしなり具合がたまらん! 

前からはこうなってるのね~
120121b

真横から見ると、こうなのねぇ~
120121c

後ろ姿も素敵じゃないの!
120121d

悲惨! インフルエンザよりも辛いウィルス性胃腸炎

年のはじめの月ともあって、皆様におかれましては新年会等々ラッシュに加え、挨拶回り等々、公私ともにご多忙のことと存じます。

さて、忙しくなって不規則な生活になると、落ちてくるのは抵抗力です。もちろん季節がら乾燥しておりますので、風邪もひきやすくなります。
いつも元気な私も、とうとうウィルスにつけ込まれてしまいました。

女神のような慈愛に満ちている私。こんなに辛い症状を産業界で貢献する皆様に味わって欲しくはありません。意を決して、どんな症状が出たのかご報告したいと思います。

*本当のことを記載しますので、過激な表現があります。苦手な方は不愉快な思いをされるかもしれませんので、ご遠慮くださいね。

先週土曜日。食欲に陰りが見え始めました。もともと胃腸に不調がきやすいタイプなので、さほど気にすることはありません。今月は新年会&賀詞交歓会ラッシュでもあります。したがって原稿をやっつける等の机上業務は夜中になってしまい、まさに独りぼっちの蟹工船状態・・・・・食欲不振は不規則な生活からくるものだと決めつけておりました。

日曜日を迎えました。
私の趣味は顔に似て、人形遊びであります。案外、見かけによってインドア派のオタク趣味なのですが、そんな私を狂喜乱舞させるイベント、ドールショーがこの日、浜松町でありました。余談ですが、近年、日本を代表する文化のひとつにアニメがあります。が、人形も負けておりません。製造現場で活躍される皆様もフィギュア製作等に携わっている方がおられますね。ぜひ、この目で確かめなくてはなりません! 

私はいそいそと浜松町まで出かけました。そうして会場を満喫したあと、いつものガード下へ向かいました。食欲不振もあるのか普段よりも呑む量が少なく、つまみも焼き鳥とシイタケだけ。ガード下で夕食を済ませた私はほろ酔い気分で駅に向かいました。時間は19時くらいだったと思います。

ところが!
電車に乗っている途中、急にムカムカし始めました。気分が悪くなったのです。
(あれ? そんなに呑んでないのに、酔ったのかしら?)

電車を降りて、移動手段をタクシーに変えました。車に乗っている最中もムカムカが止まりません。うぇっ、うぇっとなるたびに、酸っぱいモノが込み上がって来ます。車は狭い道を走っています。

(や、やばい! 吐く!)

「う、運転手さんっ! 止めて止めて止めてぇ~、吐く! 」

慌てる運転手さんは車をすぐさま止めてくれましたが、胃から上がってきた内容物で、あっという間に頬の中はパンパンです。運転手さんがドアを開けた瞬間・・・、私の口の中は決壊しました。そして何事もなかったように車は自宅へ向かいました。

吐いたお陰で若干スッキリしましたが、そんなに呑んでいないのに呑み過ぎの症状が出るとは不思議でした。おそらく身体が弱ってるんだろう・・・と思い、睡眠をとりましたが、まだ机上仕事が山積みされています。ゆっくり寝ることはできません。

なんだか気持ち悪いわ
120119

目が覚めて机上に向かいました。どんどん胃がムカムカしてきます。朝方4時近でしょうか、急激な吐き気が来ました。台所まで慌てて走りましたが、若干間に合わず、ちょっと床に飛び散ってしまいました。

具合が悪いので、寝床にもぐりこみ横になりましたが、本当の地獄はここからです。
胃の痛みが半端ないのです。内蔵を鷲掴みされているような感覚です。そのうち胃が痛いんだか腸が痛いんだか分からなってきました。とにかく、痛みが走るたび吐き気も込み上がって来る。

薬を呑んでも吐いてしまう有様です。水を呑んでも吐いてしまう。胃液すら出なくなっても腹筋がフル活動しながら吐こうとする。同時に強烈な腹痛。

それでも真面目な私です。まだ仕事をしようとする気になっておりました。大好きなNHKの朝ドラを観て力を振り絞り、机に向かいました。家の者はそんな私を見て、「呑み過ぎじゃないの? 自業自得だ」と冷たく言い放ち、外出してしまいました。

残された私に新たな症状が出始めました。
強烈な寒さに襲われたのです。全身がガクガク・ブルブルと震え出しました。壊れた人形のようにガクガクと規則的に身体が勝手に動き出します。強烈な胃腸の痛みと吐き気に締め付けられるような頭痛が加わり、苦しみました。身体から出るものは、上が先か、下が先か・・なんて考えている余裕なんかありません。

以前、インフルエンザにかかったときに、脱水症状が出たことがあります。身体が寒さでガクガクしてフラフラするのはおそらく嘔吐&下痢のせいで脱水症状をおこしたんだと思い、水をガブガブと呑みました。

が、呑んで1分もたたぬうちに、呑んだ水を吐いてしまいました。肉体が筋肉を震わせながら入ってくるものを拒否します。腹筋が痛いのなんのって喉もツリそうです。なのに、吐くと同時に菊門だけは緩むという地獄。誰かいっそ殺してくれ――本気でそう思いました。

水を呑む⇒吐く⇒下からも水便――の地獄のループの始まりです。まさに肉体は汚物祭り。人間噴水と化した私に追い打ちをかけるように、寝床からトイレまで間に合わないという悲劇が起こります。もうこうなりゃ自尊心は崩壊。

イタイイタイイタイ! 誰かいっそあたしを殺してくれ!
120119

なんとか気分を紛らわそうと、スマホを寝床でいじってみましたが、やっぱり力尽きてしまいます。さらに仕事が気になってしょうがない。翌日の火曜日は日工会の統計発表と、工作機器工業会の賀詞交歓会、金型工業会東部支部の賀詞交歓会と重要なスケジュールが目白押しです。きっと、寝ていれば治る、明日になれば治る・・・そう思っていましたが、この地獄のような苦しみに強靭な私もとうとう力尽きてしまいました。病院に行くにも、体力が残っておりません。歩くことができないのです。た、たすけてくれ・・・・。

家の者にSOSのメールをしました。大人だというのに情けない有様です。そうして病院に連れて行ってもらい、診察を受けたところウィルス性(細菌性?)胃腸炎と診断されました。この時、熱は38.5度。久々の高い数値をはじき出していました。

病院の処置のお陰で楽になった気がしましたが、まだまだ吐き下しは止まりません。スポーツドリンクをチビチビと舐めるように呑んで脱水を防ぎました。こういうときは、無理に食べない方がいいとのこと。スポーツドリンクでしのぐよう指示を受けました。案外、丸一日、水分だけでも十分生きて行けるんですね。

火曜日になりました。スケジュールが目白押しです。10時には家を出なければなりませんが、唇はガチガチに硬くなり、割れて血が出ました。食欲は全くなく、主食はポカリスェットのまま。吐き下しの回数もまだまだハイピッチですので欠席をいたしました。

工作機器工業会の賀詞交歓会に出席する予定でしたが、これもキャンセルしました。夕方から金型工業会東部支部の賀詞交歓会があります。午後になると少しラクになりましたので、外出の準備をしましたが、立っていられません。泣く泣く出席を断念しました。

ところがその日の夜8時頃のことです。
寒い、寒いと震えていた私に、汗が出始め、身体が熱くなってきました。
回復への兆しです。汗をかいたら急に身体がラクになりました。

―――というわけで、本日に至っています。

インフルエンザの数倍の激しい症状を経験し、冬場に抵抗力のないお年寄りや子供がこの病で衰弱死すると聞いたことがありますが、大人でもこの有様です。危険極まりない症状です。

このお陰でメルマガ更新が少し遅れますことをお詫び申し上げます。
皆様もご多忙だとは存じますが、くれぐれもお体ご自愛くださいませ。

働くお兄さん

120110

働くお兄さん。
頑張ってる人は素敵です☆

星は30分でこんなに動くんです

冬の星はキラキラしててとてもキレイです。
オリオン座の存在感は大きく、その右上におうし座が見えます。木星もひときわ大きく輝いています。

み~あ~げて~ごらん~、夜の~ほ~し~を~♪ って思わず歌ってしまう私。酔ってもいないのにゴキゲンになれるなんて、キレイなものには人を元気にさせるパワーがあるのですね。しかも、夜空の輝きは無料です。「タダより高いものなどない」ということわざもありますが、夜空の輝きは正真正銘の無料なので、存分に味わいたいものです。

星って30分でこんなに動くんです
120105

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、新しい年の幕開けです。
今年が皆様にとって、スーパーミラクルな年でありますように・・・。

120102

カシワミルボーラさんでみたディープなト・コ・ロ

この前取材をしたカシワミルボーラさんですが、同社は切削加工業界でも“面白い加工をする”と名が知れています。

この「女体」の素晴らしく生々しい筋肉感!
111221111221

システムは牧野フライスのFF/CAM、マシンはブラザーの「TC-22B-O」で切削加工したものです。あんまり美しい出来栄えに「女体」を見た方々の中から、こともあろうに「女体神社をつくってお賽銭で荒稼ぎ」・・・・というアイデアが囁かれるほどでした。「女体神社で拝めばダイエットが成功できます。ご利益ありますよ、お嬢さん!」・・・・とまぁ、こんなことを考えちゃいたくなるほど、本当に美しいシロモノなのです。光と影の陰影で女性の曲線美が強調され、筋肉や脂肪の感じがまた生々しく、圧巻もんです。

ところで前回の記事にも掲載した同社の会長は世間でいう高齢者に該当しますが、バリバリ現役で頑張っております。そんな会長がどうしても欲しかった車がスポーツカーでした。今までは燃費のよい軽自動車に乗っていましたが、内心はずーっとスポーツカーに乗りたかったようです。いっぱい働いてきたんですもの、夢を叶えられて本当に良かったですね。休日にはフグを釣るという楽しみもあるとのこと。年齢に左右されず生活を謳歌できるなんて素晴らしいことです。私も将来はそうなりたい・・・いいや、そうなる! と心に誓っております。

青色が爽やか! フグも立派です!

111221カシワミルボーラ2

ところで話は変わるのですが、ふと思ったことがあります。
このように年齢を重ねても元気に活躍する方々がいる一方、最近の日本は高齢者に対し、余計な先入観を抱きすぎではないかと。
高齢者は衰退していく一方だという暗いイメージが社会に蔓延っているのも、高齢者に対して不幸なイメージを世間が勝手に作っているからではないか。

よく考えれば若くたって衰えている人がわんさかおり、衰えていく人はなにも高齢者に限ったことではないのです。高齢者の全てが衰退すると認識しているのもある意味、実体がないのかもしれません。年の数が増えたって新しいことにチャレンジできるのです。わざわざ能力の衰退を意識し、高齢者の新たな挑戦や意欲を取り上げることもない。高齢者が未知の世界に挑戦することに恥じらいを感じる方がいらっしゃるようですが、一体何に対し恥らいを感じるのでしょう。若者だけがチャレンジできる特権があると思い込んでいるならば、それは偏見というものであり、このように偏見に満ちたマジョリティが正しいものとして認識される社会に不安を覚えます。

まだまだ元気で働ける高齢者がたくさんいます。特に技術がモノをいう町工場では家族経営も多く、年齢よりも“飯を食う意欲”があるかどうかが問われます。人間、ダメだと思ったら発揮できる能力だって落ちていく。これには老いも若きも関係ない。今までも町工場を取材してつくづく感じることです。

というわけで、カシワミルボーラさんにお伺いし、素晴らしい切削加工技術をみることができましたが、それ以上に健全な町工場の姿がありました。そんなカシワミルボーラさんの素晴らしいプロモーションビデオをご覧ください!

画像をクリック↓↓


カシワミルボーラさんの2Fには猫ちゃんもいるんですよ。きゃわいいねぇ~☆

111221かしわさん3

皆既月食とケチって大後悔

111210a

昨日は無料で鑑賞できる天体ショーに思わずうっとり。皆既月食の幻想的な赤い月が美しかったですね。

昨日の東京は晴れ。天候にも恵まれました。私は缶チューハイを買い込みました。厚着をして(←ユニクロのヒートテックは温かくて役立つ)、バルコニーに出ました。この天体ショーを思う存分楽しんでやる―――と、新しく購入した相棒ナナオ(←カメラのことね)と三脚を用意しました。

ん?

ナナオは今まで使用していた老体EOSとは違い、剛性がある分、重い。三脚にナナオをセットしましたが、どうもフラフラします。

あらっ。三脚が緩んでるのか缶チューハイを呑んだ私がフラフラしているのか分かんないわね、と思いつつ、カメラを構えました。
天体モノを撮るときは、普段の撮影とは違い、ちょっとのブレでも許されません。

ところがカメラの重さに耐えられないのか、固定したにもかかわらずゆっくりカメラが下を向いていくじゃありませんか! これじゃ三脚の意味がない!

ちっ。
私は舌うちをしつつ後悔しました。実はこの三脚、ずーっと昔に、ケチッて安価なものを購入したシロモノなのです。最近、すっかり三脚を使っておらず、いつの間にやら、ガタガタになっていたんですね。ネジがバカになっていたんです。

なのでせっかく月に焦点を合わせても、ブレてしまう。せっかくの皆既月食という大イベントに役立たずの三脚。

(ちきしょう。ケチって安物を買わなければよかった。肝心な時に役にたたないじゃないか)

もう10年近くも経つであろう、この三脚を「安い!」と安易に飛び付いて購入した己を非常に反省しました。

まん丸いお月さまは高い位置にあるとはいえ、まだ頭上ではなく、なんとか全身の筋肉を震わせながらシャッターを押しました。それが冒頭にある写真です。

月はどんどん細くなってきました。切ったあとの爪のような三日月が撮りたい!
ところが月はどんどん頭上に登って行きます。ナナオを取りつけた三脚も上を向きます。

三脚はナナオの重さに耐えられず、撮りたくないと言わんばかりにうつ向いていきます。
ちきしょう! 負けてなるもんか! 
 

暗い三日月になっちゃったよ↓↓
111210b 
月はどんどん登って行きます。露出補正やらなんやらいろいろ試す時間がありません。と思ううちに、月は鈍い赤銅色を放ち、いつの間にか幻想的に様変わりしていきました。

三脚はもうまったく役に立ちません。シャッタースピードを遅くしなければ月は撮れませんので、頭上にある赤胴色をした美しい月の写真を撮るのはどうしても不可能でした。

もう、めちゃくちゃ悔しいです。キィィ―――――ッ。

海鹿島さんの番組『Fearless Radio』におじゃましまーす!

この前もちょっとブログに書きましたが、明日の12月8日に海鹿島海斗さんが活躍しているインターネットラジオ『Fearless Radio』にゲスト出演します。この日は、海鹿島さんの15周年記念! 特別3時間番組ってわけなのです。きゃっ☆(←ちょっと可愛くしてみた)
番組はココよ~↓↓
http://www.ashikajima.com/fearless/

皆様、お仕事が終わったらさら~りと聞いて下さいね。といっても、最初に言っておきますが、私は喋りが下手ですので聞き苦しい点があるかと思いますが、ご勘弁を。

今回、3時間番組とあって、私の他には、類まれな才能の持ち主がゲストに呼ばれております。音楽家を含めて個性溢れる面々が登場するんですよ。これまた楽しみ。

海鹿島海斗さんのブログにも記載してありますがすごいメンバーなのよ、これが↓
http://ameblo.jp/ashikajima/entry-11077930354.html

矢沢永吉さん・矢沢洋子さん親子のアルバムにギターリストとして活躍されているという名ギタリストTsuyoshi.Oさんや、専業主婦からSMライターに転身し、自らAVメーカーを立ち上げて監督や女優としても活躍されている神田つばきさん、アイドル好きが興じて、自らニートアイドル(略してニードル)として現在TVなどでアイドル番組などを席巻する超個性派アイドルのヒオキタマオさん、ビックリするほど魅力的なシンガーのSAIRYさん、90年代後半を代表するミニFMのカリスマDJにして海鹿島海斗さんやDJ MASAEさん等を世に出したプロデューサーとしても大活躍のDJしんいちさん―――。

このような強烈なクリエーター臭がプンプン漂う中で、私のようなハンパもんが出演するとなると、もう、恐縮しかり、身の丈3センチってところでしょうか。

ところで、新しい文化を造ってゆく人というのは、人に左右されない、流されない強さがあると海鹿島さんとお会いして感じました。なによりパワーがあります。勢いがあります。そして好奇心が旺盛! 物事を創造し、形に変えていく・・・というのは製造業にも十分通じるものがありますね。既成概念にとらわれず、どんどん前へ出て行いこうとさらに強く思いました。

もうひとつ、メディアの在り方が多様になったと実感しました。今や情報媒体も個人の趣味や生活スタイルの多様化にあわせて、好きな時に好きな番組を観られる、聴ける時代になったんですね。

このような機会を与えて下さった海鹿島海斗さんに感謝申し上げます。また、前フリで「製造現場ドットコム」を番組内でPRしてくださってありがとうございました。

海鹿島海斗さん、15周年、おめでとうございます! ますますのご発展を祈念しています!

 

防犯網戸と嬉しいお便り

以前、ブログに掲載した“ヤマっ気満々”の防犯網戸記事を読んで下さった某メーカーの方から、先日、非常に嬉しいお便りをいただきましたのでご紹介しましょう。

*ちなみに以前掲載した防犯網戸についての記事はコチラね↓↓↓
http://seizougenba.com/node/112

「初めまして、防犯網戸についてのコラムを拝見しました、女性の観点での考察を拝見して意を強くしています(笑)

唐突なことですが、私どもは3年前から防犯網戸の国内販売を計画しています、我々の網戸は元々、オーストラリアでカンガルーの侵入を防止すると言う目的で普及した商品です、日本ではサッシメーカーやハウスメーカー各社とも網戸の防犯性については全く念頭に無く、これまで防犯網戸が普及する可能性は皆無でした、と言うのは日本の建築及びそれに付随するアイテムはの決定は男性が行っており、その男性たちは日中エアコンの完備したオフィス或いは車の中にいます。

その様な環境下で網戸の活用や用途について考慮することは絶対にありません、我々も当初はサッシメーカーやハウスメーカーへ働きかけましたが、網戸は車で言えばワイパーのような物で、出来れば無いほうがデザイン性に優れてい居ると思われているようです。

建築の社会は旧態依然の男性社会であると云っても過言ではないと思います(笑)
日中に女性が安心して空気の入れ替えを行うと言うだけでなく、冷え性の多い女性が治安上の不安からやむなくエアコンに頼っている実情も全く理解していないようです・・・

私たちの製品は次年度の3月に幕張メッセで展示する予定です(中略)本当に今後の販売プランの考察に生かさせて頂きます、本当にありがとうございました」

――――ですって。
なんて嬉しいことでしょう!

今や時代はエコなのよ!
自然の風を感じたいわよね。閉め切った部屋の中で冷房をガンガンかけるのは、身体に悪いもの。肌にだって悪いわ。

それに今、生活スタイルが多様になってるから、ご家族全員が働きに出てる、あるいは独り暮らしの方など長時間家を空けたとしても風を通したいわよね。疲れた足を引きずるようにして閉め切った部屋のドアをあけたとたん、モワーンというあの空気感が嫌なのよ! 田舎じゃ窓開けっ放しで解放感抜群だけど、都会じゃそんなことやっちゃうと、大変なことになってしまう。

この防犯網戸のアイデアは車にも適応できるしね。
あらやだ、世界中が防犯網戸を欲しがってる様子を想像しちゃうじゃないのよ・・・。

(妄想中)
連日、防犯網戸の話題で持ち切りの毎日。
「防犯網戸『N×2W(エヌツーダブル)』(注:Nasu Naomi+Windowから付けた商品名)が世界中で爆発ヒットを飛ばしています。近年、環境意識の高まりとともに、人々がいかに自然と共存していくかが問われていますが、今回、この『N×2W』の開発にあたり、美人産業ジャーナリストが世界に貢献しました・・・・」(←ニュース画面は真っ赤なドレスをまとった私がほほ笑みながらレッドカーペットの上をジョージ・クルーニーにエスコートされながら歩いている様子が映ってる。周囲からは称賛のため息と拍手が沸き起こる)・・・・・(きゃーっ! 妄想終わり)

――――というわけで、自然の恩恵を十分に受けられる生活スタイルとは・・・・を考えると、新しい産業が出来る可能性が高いわ! まだまだ研究開発のネタがいっぱいよ!

このように某企業さんからお便りをいただき、お役に立てて私も嬉しい限りです。

※記事および画像の無断転用禁止