無造作淑女

似て非なるもの

うちにUMA(未確認動物)がいますwww

120330ブログ

ちょっとおフザケをしました。

バーボンロード

蒲田の夜。
哀愁のバーボンロードには危険な夜のかほりが漂っている。

120328ブログ

どこに連れてくの?

気候が良くなるとオルメキャットぽぽ嬢を連れて気分転換にお散歩をします。
もう少しで桜の季節ですね。

120326ブログ

防犯網戸が本邦初公開!

「外出時に安心して空気の入れ替えが出来たり、就寝時に窓を開けっ放しで眠れたらどんなにいいだろう・・・」

防犯網戸があったらいいわよね。そう思わない?
120322ブログa

以前、飲み食いをしながら友人の毒女(大学職員・研究職)らとそんな話で盛り上がっていた。
なんせ、働く女は忙しい。われわれは夜遅くまで遊び・・・じゃない働き、出張も多く、くたびれ果てて帰宅する。

「閉め切った部屋独特の、もわーんとした空気が充満する部屋のあの嫌な感じったらないわよね。あーやだやだ」(毒女の叫び)

ついでに、夜は防犯の観点から網戸にして眠れない。都会の夜は田舎と違って恐ろいので、窓を閉め切ってエアコンをかけて寝なければならず、肌や身体にいいわけない。
恐ろしいことにエアコンによる乾燥と冷えは加齢を促進させるのよね。

きゃ―――っ! 考えるだけでイヤっ!!
120322b

自然の風感じながら眠りたい! 
このような環境ストレスから解放されるには、なんとしても「防犯網戸」が必要なのだ!
それになんてたって省エネですものね。地球環境に優しいわよね♪

*ちなみに以前掲載した防犯網戸についての記事はコチラね↓↓↓

http://seizougenba.com/node/112
http://seizougenba.com/node/1102

ってなわけで、以前、ブログに掲載した“ヤマっ気満々”の防犯網戸記事を読んで下さった方から嬉しいお便りが届きましたが、とうとう関西金網(株)/ターミメッシュジャパン(株)が製品化にこぎつけ、3月6日~3月9日まで東京ビッグサイトで開催された「建築・建材展2012」で初公開されました! 
この製品については後ほどレポート記事を掲載するのでお楽しみに!

初お披露目。注目の的だったわよ!
120322c

「防犯網戸」の名称は「マジェステック」。
高耐久ステンレスメッシュとアルミ枠を組み合わせた製品で、犯罪の多発する海外の防犯規格をクリアした防犯窓、防犯戸に仕上がっていました。

このように製造現場ドットコムで掲載した記事が新製品開発のお役に立てたことは嬉しい限りです。

何気ない日常にいろんなアイデアは潜んでいます。

そしてアイデアを具現化する第一歩は感性にあり!

個人のライフスタイルは様々です。独身の人もいれば子だくさんの人もいる。がむしゃらに働いている人もいれば、時間に余裕のある人もいる。若かったり高齢だったり健康だったり、病を持っていたり、それは様々です。

いろんな人が楽しく生活できるための工業製品を生みだすには、アイデアが必要不可欠であり、アイデアを生み出すには感性が必要だと感じています。

私たちは生きている以上、いろんな人と出会い、いろんな出来事に遭遇します。嬉しいハプニングもあればとんでもないアクシデントもあります。ひょんなことから一気に物事が解決したり、逆に地雷を踏むような問題が勃発したりもします。もちろん経験から物事を推測することも大切ですが、物事の本質というのは大抵隠れているものです。この隠れている部分を感じ取るには、感性が必要だといつも思っています。

というわけで感性を磨くには楽しい日常があってこそ。
たまには遊び呆けてバカになるのも良しとしましょう! 

小さく見えるあ・た・し(嬉)

この身長差をご覧ください!
120315ブログ

記事写真では分からないと思うので、先にブログで予告を兼ねてアップしちゃいますね。
取材をした光金型製作所の光久専務さんはとにかく背が高い! 今まで私が取材をした中で最も大きな方でしょう。

態度も図体もでかい私がこんなに小さく見える~! 嬉しいじゃないの!  

ところで今回の取材では3代目の本音をお話していただきました。
先代が築きあげた土台と時代の狭間で何を感じてるのかをしっかりお聞きしました*^^*フフッ

人は生まれた時代を背負って生きているんだな、としみじみ実感しました。

ペーパークリップ

大昭和精機さんのペーパークリップです。
デザインも可愛くてとっても重宝しています。

120308ブログ2

雪国恒例の・・・

札幌に住んでいる友人の一枚。
2月下旬の除雪作業なのだ。

パワフルでカッコよく見えるのはあたしだけでしょうか?
120308

くつの中に雪が入って、いつもしもやけになっていた幼少の頃を思い出します。
ふと、聖子ちゃんの「SWEET MEMORY」のフリで、♪~なつかしぃ~かゆみだ~わ~ずっとまえに~忘れていた~♪ と歌ってしまいました。

白鳳堂の化粧筆

とうとう7年以上使っていた化粧ブラシがお役目ゴメンとなりました。
今まで顔面加工に貢献してくれてありがとう。

というわけで、新しい化粧筆をゲットしました。

ジャ―――――ン! 白鳳堂の化粧筆です
120304

白鳳堂といえば、伝統的な筆の製造工程が有名です。
各工程を分業化し、熟練の職人たちがつくりあげているシロモノです。
大量生産の安価な中国製に押されて大変だった時期もあるようですが、同社のこだわりが高く評価され、2005年には「第一回日本ものづくり大賞総理大臣賞」を受賞しています。

このこだわりは海を越えてメイクにこだわるハリウッド女優はもちろん一流化粧ブランドメーカーからも支持を受け、世界に白鳳堂の名を知らしめたのは有名な話ですね。海外女優さんやメイクアップアーティストさん達は、来日した際に白鳳堂に足を運ぶと聞いたこともあります。

実は私、第一回日本ものづくり大賞に受賞されたときのパーティでリップ筆を頂きました。
この筆が非常に良く、いまだに健在で痛んでおりません。なので、次に化粧筆を購入するときは、ぜひ白鳳堂のものを購入しようとずっと心に秘めていたのです。

あれから7年以上が経過しましたが、ようやく念願が叶いました。

よい加工はツールが大事。
顔面荒加工から超仕上げ加工までこれからお世話になる化粧筆ですが、きっと優れた面品位を実現してくれることでしょう。

120304ブログ2

あらっ? 購入した覚えのない奇妙な筆が!
120304ブログ3

マキノさんの箸

マキノさんの箸。
何気ないシーンにインパクトが大!
マキノさんの細かい心配りが感じられます。

120229burogu

スマホで撮っちゃったから画像がよくありません。許して下さいね。

破壊の科学

できたてホヤホヤの書籍をご紹介します。
非破壊検査技術の専門家である谷村康行氏が執筆した~おもしろサイエンス~「破壊の科学」(日刊工業新聞社)。

120227

今までも谷村氏は日刊工業新聞社から「非破壊検査 基礎のきそ」など含め4冊の本を出しています。
想定する読者はおませな中学生から高校生、社会に出て間もない新人だったそうです。

今回はさらに主婦層でも読める内容となっております。ここが高いポイントです。

谷村氏は、「破壊はどうしても事故とつながり暗いイメージがありますが、科学技術としてみた場合には興味深くおもしろいことがたくさんあります。このことを伝えたくて執筆しました」とのこと。難しい内容をかみ砕いて分かりやすく説明しており、まさに専門家として実績を積んだ谷村氏だからこそ書けるのであろう充実した内容になっております。

ものが壊れるのはなぜか? どうすれば壊れなくなるのか? というテーマのもと、「ほほぅ、なるほどね!」と思わず膝を打ってしまうことがふんだんに盛り込まれています。写真や図解がたくさんあるので非常に分かりやすく、科学好きは思わず身悶えしてしまうことでしょう。

読むと、「またひとつお利口さんになってしまった」って感じでしょうか。
楽しめるうえ、とても勉強になりますよ。今まで知り得なかった謎の扉が開いたようです。

産業界で社会人を長くやってると、「今さら人に聞けないよぅ~」ってことが、ちょくちょく・・・いや、私の場合はしょっちゅうありますが、そういう方にもお勧めです。特に業界紙(誌)の記者さん、広告営業マンさんは必読の価値アリですよ。

あらっ?
今日はなぜだか本の宣伝に力が入ってしまう私ですね。
当然、理由がありますわ。おほほ。
P106~P107に不肖ながらこのわたくしめも、ちょこっとお邪魔しているワケですもの。
このようなステキな本に微力ですが貢献できて非常に嬉しく思っております。

さて、この本の大まかな筋書きは以下のとおりになっています。

●第一章 力と破壊 ―ものを壊す力とは?―
●第二章 ガラスの壊れ方 ―強化ガラスはなぜ割れにくい―
●第三章 金属は柔らかいから割れない!? ―その強さとタフさの秘密―
●第四章 さまざまな破壊とそれを防止する取り組み

この本の中のはじめに谷村氏の印象的な言葉がありました。

破壊の裏面はものづくりであり、破壊の先にあるのは創造です。破壊から悲劇の影が消える日を筆者は夢見ています―――

なんて素敵な言葉でしょうか。
この言葉にノックアウトされました。

※記事および画像の無断転用禁止