ニュース

「アジアも内需のうち!」 OKK会開催

大阪機工の代理店会であるOKK会が10月29日、東京ビッグサイトで開催された。
開会に先立ち、OKK会会長 千葉靖男兼松KGK社長が日頃の感謝の意を述べたあと、「国内販売は厳しく外需も円高が厳しいが工作機械業界は回復している」と明るい見通しを示した。

101103OKK1

続いて、土井隆雄大阪機工社長が、「業界の特長は内需の伸びが少ないことだが、アジアも内需のうち。今回のJIMTOFでもローコストのマシンを高級化したものなど、ユーザーニーズに合致したマシン群を展開する」と述べた。

101103OKK2

乾杯の発声は、OKK副会長 芳賀昭雄東洋会長。
中締めはOKK会持ち株会理事長 赤澤正道赤澤機械社長。

台湾区機器工業同業公社が「TIMTOS」をPR

台湾区機器工業同業公会(理事長=徐 秀滄)が来日し、台湾貿易センター東京事務所(所長=陳 英顯)らとともに、来年3月1日~6日に開催される台北国際工作機械見本市「TIMTOS」のPRをした。

101103 台湾

中華民対外貿易発展協会(TAITRA)および台湾区機器工業同業公会(TAMI)が2年に1度主催している台北国際工作機械見本市(Taipei International Machine Tool Show, TIMTOS)。

この展示会は、台湾最大規模の金属加工装置展であり、台湾製工作機械製品を展示する場となっている。

今回の出展社数は国内外で合計895社、4,871ブースにのぼり、出展者数およびブース数はそれぞれ26%と75%の増加で過去最大規模である。

「顧客ニーズを第一に考える」 森精機/DMG

森精機製作所とDMGの合同記者発表が10月27日、東京・帝国ホテルで開催された。

「生産・調達・研究開発やサービス、顧客のニーズを第一に考える」としている森精機製作所の森社長は「主軸、ボールねじ、ベアリング等の部品供給でも、通常4~6カ月ほどかかる納期も2カ月ほどでつくることができ、すでにかなりの量をDMG側に供給している」とした。
資材調達面での連携の成果も高く、両社を合わせると1000億円の調達量を誇る。

世界規模のユーザーニーズに応えたマシン群も豊富であり、特にDMG上海で造られているECOLINEシリーズは好評で、すでに100台以上森精機側から販売した実績を持つ。
研究開発部分を共有化することで効率を上げている。

来年初頭にインド(バンガローブ)にDMG/森精機は最先端のハイテク設備を活用したショールームをオープンさせる。特に太陽光パネルは優れており、電気自動車の充電やマンション一棟分の電気の供給ができる仕組みである。

101103森精機合同記者発表

フランスのキネオ・カム社が日本事務所を設立

フランスのキネオ・カム社は、モーションプランニング・衝突回避ソフトウェアソリューションで評価の高い企業だが、初めての海外事務所を日本に決定したと発表した。同社は自社ソフトウェアを全世界で販売しており、日本では2006年から発売している。

現在、日本の大企業10社以上がキネオ・カムの技術を採用している。今回の事務所開設により、同社は日本の既存顧客への近接を図るとともに、製造業用ロボットの既存市場に加えて、サービスロボットの新興市場でも同社独自の技術の普及を強化していく意向だ。

すでに7月から国内営業を開始している同社。すでに半導体市場向け特殊ロボットという新たな事業分野の潜在顧客を開拓しており、自社機器用に自動経路計算・衝突回避ソフトウェアのライセンスを取得した。

「日本での使命は自動車・航空宇宙メーカーをはじめとする現地の取引先をサポートするのみならず、日本のソフトウェアデベロッパー、ロボットメーカー、ロボティックス関係の研究機関とのソフトウェアインテグレーションを直接に推進することにもあります」と、セバスチャン・マルブランシュ販売・マーケティング担当副社長。同氏は、2000年代初めに客員研究員、次いでヒューマノイドロボットの専門家として、東京、大阪、仙台で3年近くを過ごした経験がある。

●Kineo CAM(キネオ・カム)社について

Kineo Computer Aided Motion社、通称Kineo CAM(キネオ・カム)社は、世界をリードする自動モーション/経路プランニング技術KineoWorks™を提供する独立系ソフトウェア開発企業。
高度なソリューション開発を専門として、米国、ヨーロッパ、日本の大企業や公的機関等にソリューションを提供している。

同社は、フランス研究・産業省の先端技術起業コンクール(2000年)、IEEE/IFR(米国電気電子学会/国際ロボット連盟)の革新技術商品化国際賞(2005年)、欧州委員会の欧州ICTイノベーション賞(2007年)、ミディ=ピレネー地域圏イノベーション・国際賞を受賞しており、米国最大のリサーチ会社Daratech社が主催するDaratechSUMMIT2006の際に他の革新的なアメリカ企業8社とともに未来技術賞を授与されている。

1mm以下の微細部品の取扱いが容易に行えるマイクロ・パーツ・ハンドリングシステムを開発 ~森精機製作所~

森精機製作所はこのほど、(株)入曽精密、東京大学、(株)微細工房と共同でサブミリオーダーの部品を容易に扱えるマイクロ・パーツ・ハンドリングシステムを開発したと発表した。

マイクロ・パーツ・ハンドリングシステムは、微細加工機などで製造された部品をCCDカメラで撮影、モニタを通して観察しながら、手元のハンドルでハンドを操作することによって、微細な製品を搬送したり、組立てたりすることができる機器。

101103森精機

サブミリオーダーの部品製造のニーズが医療分野を中心に高まっているが、このような微細な部品をハンドリングする技術の開発はあまり進んでいないことを受け、同社では、微細加工、組立の市場の拡大に貢献することを目的とし、中小企業でも導入可能な使い易さと価格を提供することを狙いとしてこのシステムを開発した。

ハンドを通して微細な部品を扱うことは手作業に比べ自由度が奪われる。同機器では、可動軸の軸数を増やし、独自の構造を採用することによって、あたかも自分自身の手で動かすかのように使いやすく自然に操作することができる。

微細な部品を扱う機器では、各部品の歪みや、結合部の緩み・ガタツキが機器全体の性能に大きな影響を及ぼすため、ハンドの動作には、高い精度が求められるが、同機器では、駆動機構や構成部品に超精密加工機などを用いて製作した高精密な部品を採用することで、ハンド動作端での正確な動作を実現した。

鉄道技術展における欧州パビリオン

2010 年11 月10 日(水) ~12 日(金) までの3日間、千葉・幕張メッセにて開催される鉄道技術展に、在日フランス大使館企業振興部‐ユビフランス、オーストリア大使館商務部、EBC 委員会が音頭を取り欧州パビリオンを出展し、フランス、オーストリア、ドイツ、スイス企業を紹介する。

アルストームやシーメンスに代表される世界的鉄道メーカーが拠点を置くヨーロッパは、長い鉄道技術の歴史があり、優れた技術を持っている。
今回は車両メーカーの他、部品メーカーや保線機器メーカー、自動化システム、マーキングマシン、音響シミュレーションソフトウェアなど異なる業種の鉄道分野企業を紹介する。

経済危機下においても欧州鉄道業界は概して好調だ。
その理由のひとつにエネルギー危機と気候の問題が団体輸送にとって追い風になっているからである。

超高速鉄道計画ラッシュや都市部における路面電車の復活、地方における高速列車など、目覚しく鉄道分野が注目を集めている。

歴史あるヨーロッパの鉄道関連企業が一同に会し、その技術を披露する。日本の業界のとっては、ヨーロッパの最新技術を発掘し、出展企業各社と懇談する、またとない機会でもある。

連携のお知らせ

インダストリー・ジャパン(社長=那須直美)は、鮮度の高い情報を発信するため、エルステッドインターナショナル(社長=永守知博氏)と連携いたしました。

これにより、製造業の「経営・技術・販売」のニュースを「製造現場ドットコム」でスピーディに発信することに加え、ターゲティングされた電子メディアの活用で最も効果的な広告宣伝をご提案することが可能になりました。

これまで広告といえば、テレビ、新聞、ラジオ、雑誌の4大メディアが分かち合っていましたが、1990年代後半からはインターネットが広告分野に入り込んできました。今やネットの広告費はラジオと雑誌を抜き去り、新聞をしのぐ勢いを示しています。

エルステッドインターナショナルの主業務である「Makers-IN」(Makers-IN.com)は、世界中の人々に向けて自社製品を発信することで、国を絞らず、世界マーケットへ常にアンテナを張っておくことができます。そのWEBサイトに弊社からの情報を掲載することで、世界に向けてPRすることが実現いたしました。

私たちの基本姿勢は、日本のコメであるものづくり産業をいかにバックアップできるかというテーマのもと、新しい媒体であるインターネットを最大限に活用して、日本企業の強みを国際的に宣伝することです。

開催間近! JIMTOF2010 

JIMTOF2010(第25回日本工作機械見本市)が来る10月28日から11月2日までの6日間、東京ビッグサイトで開催される。

世界有数の同展示会に19カ国・地域から576社の企業や団体が出展し、最先端の製造加工技術を展開する。

今回のテーマは、「モノづくり 未来を創る 夢づくり」。
トレンドである環境対策をはじめ、コスト削減や高能率加工を求めた顧客のニーズを追求した機械や工具、それに関連した周辺機器がズラリと並ぶ。

また、会期中には併催行事として多様な講演会やセミナー等も開催される。開催初日は環境技術の第一人者である小宮山宏・三菱総合研究所理事長が「“課題解決先進国”日本の役割(仮)」と題した基調講演を、最終日には鈴木孝幸・日野自動車技監が「大型車の環境技術開発の方向性にいて」を講師に迎え、特別講演が行われる。

11月1日には、現在注目されている航空機産業にスポットをあて、セミナーとパネルディスカッションが開催される。

平成22年度超硬工具協会賞決まる

超硬工具工業会(理事長=倉坂克秀)が、このほど平成22年度超硬工具協会賞の受賞者を発表した。

今年度の受賞者は業界功労賞1名、技術功労賞12件、作業・事務・生産技術等の改善賞7件。
                            

【業界功労賞】(1名)
中村 裕 (なかむらゆたか)元協会幹事(元東邦金属取締役社長)

【技術功績賞】 
・『マジックドリルDRX型』 の開発 〈京セラ株式会社 機械工具事業本部〉
≪技術の特長≫
低抵抗でスムーズな切削」、「優れた切りくず処理」、「優れた切りくず排出性」、「長寿命、高信頼性」を実現したスローアウェイドリルを提供することで、ユーザーの生産性向上、コスト削減に貢献することを目的とする。
『マジックドリルDRX型』 の開発

・複合材用ドリル 『コロドリル854および856』 の開発 〈サンドビックコロマント事業部〉
≪技術の特長≫

第27回ニューメンブレンテクノロジーシンポジウム ~地球資源創生に貢献する膜技術~

日本能率協会(JMA、会長=山口範雄)は、日本膜学会と共同し、11月29日(月)~12月2日(木)まで東京港区・三田NNホールで「第27回ニューメンブレンテクノロジーシンポジウム2010」を開催する。

本年は海外水ビジネスの最前線として、膜利用水ビジネスの海外展開、中東における水事業展開など国内外でもビジネス事例や、エネルギー創製と環境負荷低減への挑戦として、新エネルギー・省エネルギー関連する無機分離膜の最新技術が紹介されるセッションが設けている。

【プログラム】
●11月29日(月)10:00~13:00
「エネルギー創製と環境負荷低減への挑戦」
広島大学 都留稔了/(株)ノリタケカンパニーリミテッド 宮嶋圭太

●11月29日(月)14:00~17:00
「膜によるCO₂回収と環境負荷低減への挑戦」
山口大学 喜多英敏/地球環境産業技術研究機構 風間伸吾

●11月30日(火)10:00~13:00
「実績を重ねる膜浄水システムの最前線」
荏原エンジニアリングサービス(株)/(社)膜分離技術振興協会 田村真紀夫

●11月30日(火)14:00~17:00
「新規膜造水・浄化システムへの挑戦」
水道機工(株)橋本暢之/大山・面部連・システムズ(株)中塚修志

●12月1日(水)10:00~13:00