ブログ

祭りのあと

今回の「JIMTOF2012」は、前回よりも入場者数が増加したようですね。
中国の問題が気にはなっていたんですが、小耳に挟んだ情報によると、「日本に来たいけれど、周囲の目が気になって来られない」方も多かったようです。それでも前回より来場者数が多いということはとても喜ばしいことですね。

さて、今回のJIMTOFで目立ったといえば、学生さんの多さよ!
工作機械トップセミナーでも700人近くも学生さんが集ったと聞きました。

日本工作機械工業会工業会の横山会長は、「驚くほど学生が多くて非常に嬉しかった。将来を担う若い力が工作機械の魅力を感じてくれたことが嬉しい」とおっしゃっていました。

まさしく「ものをつくるモト」をつくる(←ややこしいがそういうことなのよ)、日本の工作機械産業は世界に誇れる産業であり、国際競争力の根幹でもあるこの業界は若い力を必要としているのだ! 日々進化する最先端のテクノロジーについて考えると、人間が持つ基本的欲求、知的好奇心がくすぐられるといってもいい。製造現場ドットコムも未来を担う若者を応援しているわ☆

ところで展示会といえば、皆様、ツライのは足の痛みですよね。
そりゃずーっと立ちっぱなしですものね。男女問わず、足がパンパンになります。

そこで!
いいこと聞いちゃった!

某切削工具メーカーの部長さんが言っていたんですが、大きめの靴を購入し、そこに中敷きを二枚重ねでつめて入れると、足が疲れないんですって。これはよいアイデアね!

足の痛みが気になるそこのアナタ!
展示会で苦しみもがく前に、ぜひ試してみてね(●ω●)☆キラリン☆

あ、そうそう、話はクルリンパと変わるのですが、今朝のNHKで「下町ボブスレー」について放映されていましたね。
あの女体を削りだした柏ミルボーラさんも映っていました。

下町ボブスレーに加工技術の広がりをみることができます。
たとえばCFRPとアルミは相性が悪いのですが、それをどうやって効率よく高精度に加工するか・・・とかね。

コツコツと実直に加工と向き合っているところに魅力を感じるワタシでありました。

【JIMTOF強化週間】ねり歩く

昨日は、某漫画家さんと某大学教授さんと3人で楽しく見学しました。
偶然と偶然が重なるという面白いことがあったり、いつも以上にエキサイティングな1日でした。

さて、製造現場ドットコムがオススメする本日のワークショップは―――。

●ダイジェット工業
13:00~14:00 
「難削材加工を攻略する最新切削工具のご紹介」
金型の高硬度材直彫り加工を一本の工具で実現する「QMエンドミルシリーズ」や、航空機産業を狙いアルミ・チタン合金加工用に開発された「エアロチッパー」、耐熱合金加工用に最適なエンドミルなど、同社最新工具の紹介。

清和鉄工さんのブースに立ち寄りましたところ、シャンパンをごちそうになりました。これがすごくおいしくて、みんな大喜びでした

【JIMTOF強化週間】肝臓強化週間☆

土曜日はさすがに人がすごかったわ!
今年は来場者が多いときいているだけあるわね。

まだまだ回りきれていないワタシ。
人混みをかき分け、大昭和精機さんのブースにいきました。

やっぱりスマートダンパーに来場者は心を奪われていたようです。

各社さんは来場者の対応に追われ、記者を相手にする時間がちっともないわけで、ワタシも昨日は「国際工作機械技術会議」のオーラルセッションをきいておりました。

CFRPの穴開けと生産技術について勉強になりました

昨日は、富士重工航空宇宙カンパニーの遊び心と生産加工技術を支えるスペシャルな企業が集い、懇親を深めました。ほんと、皆様のモノをつくる意気込みはハンパない! 

散会後、別件でワタシは月島に移動し、飲んだくれておりましたが――――あら、気がつきゃ、すっかり午前様・・・・・まったく若くもないのに、無駄に元気な己よね。しかし、よー、呑んだなあ(●ω●)☆ JIMTOF強化週間は己の肝臓強化週間でもあるわけなのだ。

というわけで、今日も元気に会場に入りまーす! 

【JIMTOF強化週間】すごいのが出てるわ~!

昨日の午後は人で凄かったわね。

ところで皆様!
三井精機さんの巨大工作機械「HU100-5X」に乗っかってるワークを見ましたか?
まだの人はぜひ、その目で見てきて!

さらに!
まだ飛んでいないAIR BUS A350のIPC(中圧圧縮機)のケースが展示してあったの!
この展示品、チタン製のリング材より旋削、切削によって展示品の形状まで削りだしたものなんですって。この部品の形状加工に三井さんの5軸加工機が使用されているのよ! 

巨大といえば、ベールを脱いだ安田工業さんの「YBN10T-100TT」も迫力があったわ。
こちらはYASDA最大のトラニオンタイプということで、来場者も釘付けになっていたわよ。
伝統と最先端の技術の融合をその目で確かめるといいわ!

あら・・・・・・・・。
大物ばかり書いちゃったから、今度は微細加工機に触れるわね。
微細加工機といえば、碌々産業さんよね。JIMTOF初披露のマシン2台は、「MEGA SS」と「MEGA SD」よ! そして驚くことに碌々さんは、「ルミナス」っていう工具まで作っちゃったのよ。名前もイカしてるわよね! ここの製品におけるネーミングセンスも素晴らしくてさ。このセンスは海藤社長ならではのものなのよ。☆さすがね(●∀●)☆

センスの良さといったら、ヤマザキマザックさんのブースに度肝を抜かれちゃったわ。
山崎社長さんいわく「ブース内とSF映画に出てくる空母をイメージした」んですって。このアイデアも山崎社長さんのもので、「SF映画が大好き」とのこと。
ステキな予備知識まで仕入れちゃったわ☆(●ω●)ウフ☆

OKKさんの「VM/Rシリーズ」のラインナップが3機種揃いも必見の価値ありで、これまた人だかりが出来ていたわよ。

さて、本日、製造現場ドットコムのオススメするワークショップ関連は以下のとおり。

●オーエスジー
13:00~14:00 会議棟606会議室
「タップ・ドリル・ミリング加工における差別化の提案」
ものづくりの現場でどんな差別化をお客様に提供できるか? 第一部:タップ、ドリル、第二部:インデキサブル、エンドミル加工において、最新工具が提供する付加価値の一例を開発者が紹介する。

●イワタツール
15:00~16:00 会議棟607会議室
「脆性材及び焼き入れ鋼加工用小径工具」
焼入鋼・ガラス・セラミック・シリコン用切削工具の製作事例や、加工事例などについて解説。トグロンハードドリルによる、焼入済金型のイジェクターピン穴切削加工とCBN・PCDドリルやリーマについて。

■第15回国際工作機械技術者会議■
【テクニカルセッション3「工作機械と新素材加工における高効率化技術】
会議棟レセプションホールA1階

☆16:05~16:50 
富士重工業 航空宇宙カンパニー生産技術部主査兼製造部主査 小島裕登
「CFRPの高能率加工技術の最前線」

☆16:50~17:35
牧野フライス製作所 加工技術本部 カスタマアプリケーショングループ マネージャ 上野裕司
「難削材の加工能率向上と工具寿命延長を両立する最先端技術」

JIMTOF2012の公式晩餐会が昨日開催されました

素晴らしい演奏に心がトロけました

【JIMTOF強化週間】スキマネタも凄いわ!

昨日、開幕した「JIMTOF2012」。
いや~見所満載じゃないのさ! お陰で、ねえさんぜんぜん回りきれてないわよ!
その中で気になったブース情報をほんの一部だけご紹介するわ。

ダイジェット工業さんのコワイくらいに削れる工具「エアロチッパー」のデモ動画は思わずのけぞるほど切屑の排出が凄くてこのデモ画面は見て欲しいし、不二越さんの「アクアドリルEXフラット」には来場者も興味津々だったし、オーエスジーさんの展示品、「NOSE CONE」に技術者の美学を感じたし、日進工具さんの「cBNスクエアエンドミル」、「PCDスクエアエンドミル」もすごい人だかりだし、イワタツールさんのトグロンシリーズもパワーアップしてるし、日立ツールさんの、開発製品「セラミック工具」は、日本製品で初モノだということだし、まだまだ書ききれないことがいっぱい! というか工具も機械も周辺機器もぜんぜん回り切れておりません!

人気の牧野フライスさんもまぁ、すんごい人だかりだったわ。
ところでね、このブースのスキマネタだけどね、ひっそり展示されていたスゴイの見つけちゃった!

脱専用機!
専用機しかできないギア加工だったのが、トップクラスのワイヤーと切削と放電でできる―――ってやつよ。
精度も抜群! 牧野さんならではの技術とアイデアが詰まったもので、見る人が見れば、そのすごさが分かるハズよ! これはワタシもぜひ見てもらいたい展示内容なのよ!

さて、製造現場ドットコムがオススメする本日のワークショップだけど、以下のとおりとなってるわ。

●ブルームLMT
11:00~12:00 会議棟605会議室
「机上計測を用いた機械加工の自動化推進」
机上計測を用いて機械加工に必要な段取りを自動化し手入力などによるミスを排除、また、加工後の精度確認も机上で簡潔。機械加工のさらなる自動化・効率化について提案する。

●碌々産業
13:00~14:00 会議棟606会議室
「穴加工革命~高硬度材へのEピン穴加工及び小径高速穴加工~」
金型におけるエジェクタピン穴、ワイヤーのスタート穴など従来EDMで行われていた高硬度材への深穴加工の切削化提案。また、高精度高速小径加工機MEGAを中心とした小径高速穴加工の実例を紹介する。

●三菱マテリアル
13:00~14:00 会議棟607会議室
「金型のトータルソリューションのご提案」
プラスチック、ダイカスト、鍛造金型の荒から仕上げ加工までの最適工具を、高能率加工条件とともに紹介。CAMメーカー、C&Gシステムズとのコラボで加工データの最適化も合わせて説明する。

●不二越
15:00~16:00 会議棟605会議室
「新発想!加工の常識を変える切削工具」
傾斜面の一発穴加工やバリレス加工を可能にした新開発のフラットドリルシリーズや、従来の5倍以上の加工能率を達成する超硬エンドミルVLシリーズなど加工の常識を変える新しいコンセプトの切削工具を紹介する。

●日進工具
15:00~16:00 会議棟607会議室
「硬脆材の微細・精密切削加工」
日本の製造業は、高付加価値なものづくりに向けた超精密・微細加工技術の構築が進み、その一環として硬脆材切削加工が注目される。従来よりも高精度に加工が行える切削工具を加工事例、加工技術を交えて紹介する。

昨日は帝国ホテルで森精機さんのレセプションがありました。ご機嫌なジャズナンバーに世界中から集まった方々が魅了されました

本日もTwitterを利用しながらリアルタイムで各社のブース情報をまき散らしていきます。
では、本日もいってみよ―――――☆(・∀・)☆

【JIMTOF強化週間】いよいよ本日JIMTOFが開幕!

製造現場ドットコムファンの皆様、おはようございます☆(・∀・)☆
いよいよ本日、JIMTOF2012が開幕されるわよ!
ワタシも芳しい昭和臭を放ちながら、カメラを持って取材に走り回るつもりよ。
Twitterを利用しながらリアルタイムに情報をまき散らすので、Twitterを利用される方はこちらも参考にしてくれたらねえさん嬉しいな。

さて、本日、前回もブログでご紹介したけれど、微細切削工具で有名な日進工具さんが「JIMTOF」の初日に会場内からUSTREAMでLive(生中継)を行うわよ! 

☆以前の記事はコチラ↓☆
http://seizougenba.com/node/2041

協賛する工作機械メーカーさんとの情報や、ワークショップ中継、特別技術セミナーや、新製品紹介コーナーまで広くオンエアされるとのことなので、注目よ!

それとね、本日のイチオシワークショップはコレよ!

●日立ツール
13:00~14:00 会議棟607会議室
「加工ソリューションのための最新切削工具」
グローバル競争により、さらに高品位・短納期・低コストを担う加工法への動きが加速しているが、切削パスや切削方法を大きく進化させ、それにマッチした工具を提供し、切削加工の解決を紹介する――といった内容よ! 

昨日は「2012年 ナチシンビオ会 JIMTOFエリートセミナー」が都内で開催されました。
このニュースはまた後ほど。

懇親会では絶好調の“アクアドリル”にちなんで、「NACHIアクアスプラッシュ」という名のカクテルが! 

HAPPY☆HALLOWEEN!

HAPPY☆HALLOWEEN!(・∀・)☆

わが家の珍獣も仮装しております

極上マグロちょーにゃい。くれなきゃイタズラするにゃん

マグロといえば日本酒にゃ! 八海山ちょーにゃい! 

いよいよ明日からJIMTOF2012が開催されます。
今日はその前夜ということで出展企業さんは搬入などで大忙しでしょうね。
企業さんによっては、前夜ともいうことでイベントを企画しているところもあるようです。
とにかく気分はもうJIMTOFかしらね!

では、皆様、会場でお会いいたしましょう! 

【JIMTOF強化月間】ダイジェット工業は、「コワイくらいに削れる! 過酷な突き加工にも耐える!」など豊富な工具群でお出迎え!

今回、コワイくらい削れる工具を展示するというダイジェット工業さん。
その工具の名は『エアロチッパーMAL/ALX形』。

これだ~~!!!

この工具は主に航空機産業等で使用されるアルミ合金・チタン合金を能率良く加工する刃先交換式工具なのだ。上面にスクイを付けた低抵抗形インサートの採用で切屑排出性に優れ、アルミ合金加工時の切り屑排出量はなんとφ50にてQ=2,250/min!

担当者いわく加工時の切屑を見て「コワくなって逃げたくらいだ」というほど、ものすごーく削れる工具とのこと。用途も平面・肩削り・溝削り・ラッピング・ヘリカル加工と様々な加工形態に威力を発揮し、高剛性Gボディを採用した本体は、チップポケット部にキーを設けチップとの嵌合性を高めることで、安定した高速切削が可能になったんですって。
この工具、実はね、某航空機メーカーで採用されているのよ。
あっ、言っちゃった!(・∀・)ニヤリ☆

それとね、今回の注目目玉製品のひとつ、刃先交換式超硬ドリル「TA EZ ドリルTEZ形」だけど、これはダイジェットらしい技術が詰まった自信の一品らしいわよ。
「刃形自体に自信をもっています。耐久性、安定性、チップの寿命などを考えた現場に安心をもたらす工具だといえましょう。確実にクーラントがいくように狙いを定めた油穴設計も自慢です。切削抵抗が低く消費電力を削減できるエコタイプで、なおかつチップ交換式で経済的。“EZ”はエコノミーかつ工具の交換が早くできるという意味がありますが、当初、非常に良い工具だから“いいぜぇ~”にしたかった。残念ながらこのネーミングは採用されなかった」と広報担当者さんが言っていたわ。

でもね、ダイジェットさんは「頑固一徹」に「G-Body」など、製品のネーミングセンスがピカイチなのよ。工具業界の小林製薬といっても過言ではないわ!

もうひとつ、炭素鋼、合金鋼、工具鋼、鋳鉄、鋳鋼の突き加工に威力を発揮する『バーチカルZ』も注目工具のひとつ。
この「バーチカルZ」は、従来、ダブルクランプで補強していたことをさらに改良し、正面にチップが付いているもので、注目すべきは、カッタ本体とチップの厚みを厚くしたこと。なんと、従来より1.4倍厚くなったのよ。で耐久性が大幅アップし、過酷な突き加工でも耐える強靭工具となってるわ! 

過酷な突き加工に耐える!

今回、会期中にブース内で開かれるプレゼンテーションでは、QMミルシリーズによる高硬度材の荒から仕上げ加工、エアロチッパーと耐熱合金用エンドミルを用いてのチタン合金の高能率加工を紹介してくれるんですって。

まだあるわ!
11/5(月)13:00~14:00、東京ビッグサイト会議棟6階605会議室で、「難削材加工を攻略する最新切削工具のご紹介」をテーマにテクニカルワークショップが開催されるのよ。
金型の高硬度材直彫り加工を1本の工具で実現する「QMミルシリーズ」や、航空機産業に狙いを定めたアルミ・チタン合金加工陽に開発された「エアロチッパー」、耐熱合金加工用に最適なエンドミルなど、耐熱合金を熟知したダイジェット工具ならではの最新技術がてんこモリモリよ!

ダイジェット工業ブースNo.西1055

【JIMTOF強化月間】世界最高峰の超高精度マザーマシンの開発に取り組むYASDA

YASDAさんといえば、ユーザーが欲しがる工作機械に名前を挙がるメーカーとしても有名よね。なんていっても高い耐久性を持つマシニングは魅力だもの。
以前、取材をしたときに工場の美しさと徹底した品質へのこだわりに驚いたこともあったのよ。そのとき聞いたのは「最大ではなく最高を目指す」っていう言葉でさ、ズキュンとハートにきたのを覚えてるわ☆

「精度と機能が安定したものでないと市場に通用しない」として、昔から機械づくりに妥協はせず、一貫して“精度ありき”の姿勢も崩していないわ。YASDAさんがターゲットとして重視しているのは、マーケットの広さよりも加工精度。なので、「最大ではなく最高を目指す」という経営哲学はYASDAさんにとって当然のことなのかもしれないわね。

これは製造業に限ったことじゃないと思うけど、時代に迎合ばかりしていたら、そのうちオホーツク海の荒波に揉まれる昆布のようにフラフラと流されちゃうわけよ。やっぱり経営哲学って大切だとしみじみ感じてるわ。

さて、私も展示会ではいつもYASDAさんのブースを覗くんだけど、その度に目撃するのは、マシンに釘付けになる来場者の姿よ。機械を舐めるように見回すその姿からユーザーを惚れ込ます機械の魅力が伝わってくるわ!

こちらは「YBM Vi40」

さて、来場者も興味津々のYASDAさんの見所は、YASDA伝統の角ガイドウェイ採用の高剛性立型5軸機「YBM Vi40」。全軸リニアモータで高い運動性能と低振動を実現させた微細加工機「YMC430Ver.Ⅱ」に“DDモータ駆動”採用の内製チルトテーブルを搭載させた「YMC430+RT10」。新駆動方式を採用し高効率化を図ったテーブルチルト軸や、2つのモータの組合せにより幅広い回転域を実現させた主軸を搭載させた「YBM 10T-100TT」とのこと。

パレットサイズ1000x1000mm(最大加工物φ1500mm、2t)のテーブルチルト方式を採用の新技術を盛り込んでいるらしいわよ! これだけでも迫力あるマシンだってドキドキするけどさ、詳しくは次号の注目記事「製造現場ドットコムが選んだJIMTOF各社の一押し商品はコレだ!」に掲載するからそれをご覧くださいね(●ω●)☆キラリン☆

私もベールを脱いだ「YBM10T-100TT」を会期中、しっかりこの目で確かめるつもりよ!

安田工業ブースNo.東4014

【JIMTOF強化月間】マキノは“超硬直彫り加工”を中心に最新加工技術と事例を紹介!

マキノさんといえばブランド力はもちろんのこと、CAD/CAMから切削加工機、形彫放電加工機そしてワイヤ放電加工機まで、幅広い製品ラインナップで有名よね。

マキノさんならではの技術をふんだんに取り入れた安心のマシン群も素晴らしいけれど、もうひとつ注目すべき点は営業マンよ! 今まで取材したけれど、そりゃー営業の動きの素早さといったらない。しかも、売ったら売りっぱなし・・・・ってわけじゃなくて、“独自の加工技術”により、金型加工・部品加工を設計から製造まで親切丁寧にサポートするのが強みなのよ。マキノのマシンを使う方の多くが「安心して使える」って言っていたけれど、それも分かるような気がするわ。

さて、今回のJIMTOFでは、「横形マシニングセンタa51nx/a61nxによるアルミニウム・鋳鉄の高能率加工、微細精密加工機iQ300による超硬の直彫り加工を中心に、最新の加工技術と加工事例をご紹介」ってことらしいけれど、フフフフフ・・それだけじゃないのよ!

今回、マキノさんのブースに行ったらね、ぜひ見ていただきたいマシンがあるの。
さぁ、そこのアナタ!
メモの用意はいい?

今年9月10日~9月15日の間、シカゴで開催された「IMTS(International Manufacturing Technology Show)」で初お披露目した横形マシニングセンタ「N2シリーズ」と、ワイヤ放電加工機「U3」が、今回、日本初登場するのよ。

横形マシニングセンタ「N2シリーズ」は、近々掲載する注目記事、「製造現場ドットコムが選んだJIMTOF各社の一押し商品はコレだ!」で詳しく掲載するとして、今回、特別に放電加工機「U3」がどんな製品なのかチラリと教えてあげるわ☆

日本で初お披露目する放電加工機「U3」

特長はね、①仕上げ加工回数を削減、②厚板を高い真直精度で加工、③段差形状の厚物部品を高速で加工――ということだけど、これを詳しく説明すると、一般プレス金型や部品加工は、形状精度の向上や磨き工程を削減するためRz5µm以下の表面粗さが要求されるわけ。これがクセモノでね、従来、この表面粗さを得るためには4回の加工回数が必要だったんですって。面倒臭いわね。

なので、加工時間の短縮とワイヤ電極の消費量削減が課題とされていたんだけど、その課題を今回克服した「U3」は、なんと表面粗さRz3µmを3回の加工回数で実現できたわけ!加工時間は従来よりも20%短縮、ワイヤ電極消費量は14%も削減することに成功したんだから、これはすごいことよね。

やっかいな厚板加工の問題点は、ワイヤ電極のたわみが大きくなるため、加工物の真直性が悪くなること。ワイヤ電極にたわみを発生させる要因は、厚板の場合、ワイヤ電極を支持する上下加工ヘッド間の距離が長いことや、加工液の水圧と放電の反発力。コイツをマキノ独自の制御で真直性を向上させたわけよ。どんな技術か盛り込まれたのか知りたいけれどそこはやっぱり、レモンのヒ・ミ・ツというか企業秘密ね☆

あとひとつ、ワタシがこのマシンに感心したのは、「ワークの防錆機能」なのよね。
水加工液で問題となる、鋼材の錆の発生や超硬材の電解による腐食を防止する機能を標準装備したんですって。錆の発生の原因となる鉄イオンの溶出を電気的に防止し、長時間加工でもワーク表面を錆や腐食のない良好な状態に保ってくれるわ。
なかなか親切なマシンね!

あらやだ。
チラリと紹介するつもりが結構書いてしまったようね。
製造現場ドットコムファンの皆様に大サービスしちゃった(●ω●)ウフ☆
この続きは、マキノさんのブースで確認するといいわよ。

そうそう、JIMTOFの会期中、11月3日(土)の「テクニカルセッション③」(会場:東京ビッグサイト・会議棟レセプションホールA)では「工作機械と新素材加工における高効率化技術」をテーマに16:50~17:35まで同社の上野裕司加工技術本部カスタマアプリケーショングループマネージャが「難削材の加工能率向上と工具寿命延長を両立する先端技術」を講演してくれるので、最先端の加工トレンド情報を仕入れたい方は、ぜひ、「国際工作機械技術者会議」に申し込んでね☆

■国際工作機械会議の詳細はコチラ↓↓↓
http://seizougenba.com/node/2031

牧野フライス製作所ブースNo.東2009

※記事および画像の無断転用禁止