ブログ

ノリタケ銀座店がオープン!

ノリタケさんが、10月11日(木)に、東京・銀座に 直営店「ノリタケ銀座店」を開設しました。

というわけで、前日の10日、プレオープンにお邪魔しました。



銀座店にふさわしく、MPCや高額なボーンチャイナの置物も展示して、ノリタケさんらしい高級イメージを醸し出しています。

以前、注目記事にも掲載した、あの1,000万円を超える超高級ディナーセットを拝見することができるのよ



これは陶器でできたチェス☆ 猫と犬の戦いです。ポーン(歩兵)はねずみってところがイカしてるわね!

皆様も一度、ノリタケ銀座店を覗いてみてくださいな。
素敵なお気に入りの食器に出会えるかもしれないわよ。
スーパーの安売りで買ったお総菜も、ノリタケさんの食器に盛りつけすれば、豪華な食卓に変身すること間違いないわ(●ω●)キラリン☆

弱ってきました

弱ってきたのでコイツを投入します!

今日はノリタケさんのプレオープン、そのあと打ち合わせ、明日は航空宇宙展で名古屋、そのあと岡山へ移動しまーす(●ω●)

JIMTOFまでに痩せると宣言したのですが、ちっとも痩せません☆

不二越迎賓館の美しさ!

「ようこそ我が家へ!」というのは嘘で、ここは不二越さんの迎賓館です。

現在、迎賓館となっているこの建物は1928(昭和3)年、加賀藩の鷹匠を先祖とする豪農中川氏が、名工の誉れ高い能都地方の大工30人を招いて1年半の歳月をかけた総檜づくりです。2000坪の敷地に、入母屋造り(250坪)で建てられています。

創業者である井村荒喜が、1938(昭和13)年に富山市内の旧料亭を買い取り、高松宮、伏見宮、近衛文麿公、米内光政首相をはじめ、ときの政財界の要人を招いて接待に使っていたところ、戦争で焼失したため、1952(昭和27)年に、この邸に移ったんですって。かの有名な吉田茂や佐藤栄作もここを訪れていたそうですが、いったいどんな話をしていたんでしょうね。

「和」独特の落ち着いた雰囲気が渋いです。



記念室/茶室



昼寝をしたい衝動にかられますが、ここは来賓がお食事をしたりするお部屋です。ちなみに掘り炬燵になっています。



庭園は広大で、ガーデンパーティでは多数の来客を招くことができるつくりです。創業者は、伝統や方式に拘らず、「家と庭は一体のもの」という独自の考えがあったようで、手塩にかけて育てた樹木や銘石が置かれていました。

廊下から見る庭の美しさったら!



近衛文麿公から贈られた書が玄関正面に飾られていました

これは、「人々の意見に耳を傾けて、私心を忘れることが大事である。其の業を楽しみ、精をを出すことをつうじて、人も事業も大成する」という意味があるんですって。
現在も不二越さんは、この書にある言葉のとおり創業の意図を企業理念に込めています。

オーエスジーの「ゲストハウス」を見た!

28日に「大澤科学技術振興財団 平成24年度助成費贈呈式」の終了後、オーエスジーアカデミー内に建設していた「ゲストハウス」を見学しました。

外観はタップのねじ山をイメージしたこだわりのデザイン!

1Fは研修室および簡単な食事に対応できるラウンジ、2Fは宿泊施設11部屋、3Fは多目的フロア、4Fは宿泊施設9部屋。合計20部屋の宿泊施設があるんですよ。

このゲストハウスは、「国内外からのお客様をはじめ、グループ会社の社員に対しても、各種講習会などを通して製品知識を習得をしつつ、グローバルツールコミュニケーションを図る」という目的のために建てられたもので、豊川の自然を存分に感じられるつくりにもなってるの。

同社には地球規模でいろんな方々が訪れます。
洗練されたセンスがキラリと光る建物でした。

「第107回 型技術セミナー ~新たな加工技術の誕生と今後~」 聴講者募集のお知らせ

型技術協会が10月11日(木)に開催する「第107回 型技術セミナー ~新たな加工技術の誕生と今後~」(会場=芝浦工業大学 芝浦キャンパス3階306教室)の聴講者を募集しています。製造業界に身を置く皆様にとっては加工トレンドをいち早くキャッチできる非常に濃い内容となっている。型技術セミナーの概要は以下の通り。

超硬合金材の直彫り加工に関しては、2002年頃から研究開発が行われていたが、金型現場で実用化された例はほとんどなかった。しかし、この1~2年のモノづくり業界の動きを見ると、閉塞鍛造金型加工や電子精密部品の加工などの分野で金型の更なる高強化のため、超硬合金材が注目され、超硬合金材の直彫り加工の実用化を目指す動きが活発になってきている。型技術セミナーでは、現状の超硬合金材の直彫り加工に関わる技術開発の現状と今後の動向を探るため、超硬合金材の金型ユーザー、工具メーカー、部品加工メーカー、機械メーカーの方々にそれぞれの立場から現状と将来について講演して頂き、セミナーに参加され新たな加工技術について学ぶ。
募集人数は50名、申込締切日は10月4日(申込締切日後のキャンセルは不可)。

■開催日時 2012年10月11日(木)10:00~17:00

■開催場所芝浦工業大学 芝浦キャンパス3階306教室
〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14

■講演内容 
司会:東京工科大学 福井雅彦氏 電気通信大学 森重功一氏

【展望】
・10:00 ~10:40 「超硬合金金型の直彫り加工の現状」
東京工科大学  福井雅彦 氏

・10:40 ~11:20 「超硬合金製金型の役割と製造方法」
アイシン・エィ・ダブリュ(株) 中島将木氏

【部品加工メーカー】
・11:20 ~11:50 「自社製ダイヤモンド工具による超硬合金の切削加工」
(株)中村超硬  吉武理人氏

・11:50 ~12:50 昼食

・12:50 ~13:20 「超硬合金の直彫り加工の現状」
(株)本山合金製作所  杉本昇悟氏

【工具メーカー】
・13:20 ~13:50 「超硬材への微細・高品位を実現する切削加工」
日進工具(株) 下玉利公祐氏

・13:50 ~14:20 「ダイヤモンドコートエンドミルによる超硬合金の切削加工」
ユニオンツール(株) 渡邉英人氏

・14:20 ~14:50 「ダイヤモンド焼結体工具での超硬合金直彫り加工の現状」
協和精工(株) 小松志行氏

・14:50 ~15:00 休 憩

・15:00 ~15:30 「微細・小径PCD工具の特徴とは」
(有)三井刻印  三井 豊氏

・15:30 ~16:00 「ナノ多結晶ダイヤモンドによる超硬合金の切削加工」
住友電工ハードメタル(株) 村上大介氏

【工作機械メーカー】
・16:00 ~16:30 「超硬合金材の3次元形状加工」
(株)ソディック  西口敏隆氏

・16:30 ~17:00 「マシニングセンタによる超硬合金の3次元曲面加工」
(株)牧野フライス製作所  山口哲郎氏

●参加費
いずれもテキスト1冊を含む
・会員=20,000円(会員の対象は主催・協賛団体会員)
・型技術会学生会員=1,000円
・一般=30,000円
*個人会員A入会申込付き 32,000円(希望者は事務局まで問い合わせること)
内訳:参加費20,000円+入会金3,000円+8月入会時年会費9,000円

●申込み方法
・オンライン申込↓↓
http://www.jsdmt.jp/03seminar/jsdmt-seminer107.cgi
*申込の際は、代金の振込方法と振込日を記入すること。参加決定者には参加券・請求書を送付する。当日は参加券と引換にテキストを渡すので持参すること。

●問い合わせ先
一般社団法人 型技術協会
〒231-0011 横浜市中区太田町6-79 アブソルート横濱馬車道ビル201号室
電話:045-224-6081  FAX:045-224-6082  E-mail:info@jsdmt.jp

第10回 型技術ミーティング in 岡山のお知らせ

型技術協会が、10月9日(火)午後2時から「第10回 型技術ミーティングin岡山~型技術協会が発信する先端的ものづくり~」をピユアリティまきび(〒700-0907 岡山県岡山市北区下石井2-6-41)で開催します。

この「型技術ミーティング」は、型技術協会の協会活動のPRと会員増強を目的としており、参加者同士はもちろん、型技術協会会員の大手メーカーの技術者あるいは大学等の研究者との交流の場となっており、今回は、型技術協会と岡山県工業技術センターとの共催のもと、岡山県産業振興財団、中国職業能力開発大学校の後援で岡山にて開催します。

講演会では、ホンダエンジニアリング(株) 執行役員 車体領域執行責任者 田岡秀樹氏(型技術協会副会長)、(株)牧野フライス製作所 加工技術本部 加工技術部 ゼネラルマネージャ 金谷潤氏(型技術協会理事)より、最新の自動車関連と工作機械関連の情報を提供する。

金型はあらゆる製造業の重要な基盤となっており、製造業に関わる技術者・経営者の皆様には有益な情報が多数含まれている。また、講演会開催後には、講師を交え業界関係者との情報交換、交流の場となる技術懇談会を設けており、有意義な会となっている。

■プログラム
・14:00~14:15 開会挨拶   笹原弘之 氏
共催者挨拶 西田典秀 氏 (岡山県工業技術センター 所長)

・14:15~15:25
基調講演① 「Hondaが目指す“カッコよくて凄く軽い”車造りへの挑戦!!」
田岡秀樹 氏 (ホンダエンジニアリング(株) 執行役員 車体領域執行責任者、 型技術協会 副会長)

・15:35~16:45
基調講演② 「牧野フライスが目指す先端的金型づくりと工作機械」
金谷潤 氏 ((株)牧野フライス製作所 加工技術本部 加工技術部 ゼネラルマネージャ、型技術協会 理事)

・16:45 閉会挨拶

・17:00~18:30 技術懇談会(懇親会)

■参加費
・講演会参加費 無料
・懇親会参加費 一律3,000円 
※懇親会費は当日の受付にてお支払いください。領収書を発行致します。

■申込締切
・10月2日(火)

■申し込み方法
・オンライン受付 ↓こちらから↓
http://www.jsdmt.jp/meeting/jsdmt-meeting10.cgi

■問い合わせ先
一般社団法人 型技術協会
〒231-0011 横浜市中区太田町6-79 アブソルート横濱馬車道ビル201号室
電話:045-224-6081  FAX:045-224-6082  Eメール:info@jsdmt.jp

オレもオマエも大物だあ~!

ソ、ソ、ソクラテスかプラトンかー
みーんな悩んで大きくなった!

懐かしいCMです↓↓↓
http://

… …

昨日は中目黒で友人と久しぶりにジャズを聴きました。
音楽っていいねえ。

美味しい餃子

先日、大田区の切削・研削研究会があり、出没しました。
今回は、日立ツール技術本部の岩田正己主任技師を講師に迎え、「金型の切削加工技術動向」をテーマにお勉強よ。

小径リブ溝用エンドミルによる加工事例や、悩みの種である切削振動についての対策とホルダーや工具について詳しいお話を拝聴いたしました。

切削加工でご苦労されている町工場の皆様も真剣よ。積極的に質問を投げかけていたし、毎度ながら活況ある勉強会だと感心しているの。

でね、食いしん坊の私としては、研究会終了後、美味しい餃子をみんなで食べることもお楽しみのひとつ。
ここでは、ざっくばらんに意見交換や雑談で盛り上がるのよ。

前向きな人たちばかりだから、面白い。好奇心も旺盛だ。
なにより現実をしっかり見つめている。
だから私はここにいる皆さんのお話を聞くのが好きだ。

今日の餃子も最高だ! 手前はかの有名な『女体』を削りだした柏さん

なんだかちょっと嬉しいわ

昨日、日本民間放送連盟賞が発表されたんだけど、フジテレビの「ほこ×たて」がテレビエンターテインメント部門で最優秀賞に選ばれたのね(●ω●)☆

一般社会では製造業=町工場のイメージが定着していますが、製造業は非常に奥が深く、ものをつくるモトを生み出しているんだけど、世間ではあまり知られていない製造業を陰から支えている優秀な企業がいっぱいあります。

この番組は老若男女を問わず楽しめる内容となっており、いろんな業種があることや、製造業の隠れた面白さを知ってもらう良いきっかけになりました。

この番組は、“エンターテインメントショー”を楽しむものですが、キラリと光る企業の熱い思いをうまく表現しており、そこがまたひとつの見所でもありましょう。

番組の発展と今後の対決が楽しみですね☆

御神楽と次号予告!

先日、近所の神社で御神楽を鑑賞しました。
日本の伝統芸能もなかなかいいもんですゾ。




以前から目をつけていたレストランでランチ(≧∀≦)

さて、次回の製造現場ドットコムの注目記事は、「激闘! 歯科医師VS超硬指輪」です。
これは先月、こちらにお問い合わせをいただいた内容を元に検証した内容になっており、流行っている超硬指輪の危険性と消防署もサジを投げたトラブルについての対処法を掲載しています。

おそらくこのような実験をしたのは業界専門媒体でも初めてでありましょう。
では、次号を楽しみにしてくださいね(●ω●)☆キラリン☆

※記事および画像の無断転用禁止