月別アーカイブ 2024年02

無造作淑女

ダイジェット工業 林画伯のイラストを活用した「金型 二番逃がし加工」の説明がスゴイ! 

ダイジェット工業さんの動画をみて驚いたわ!

金型の二番逃がし加工の難しさについて説明している動画を拝見しました。まぁ、この動画のなにに驚いたかというと、同社の林部長付セールスアドバイザー(以下林画伯)が描いたイラストよ! わたしもギョーカイを長く取材しておりますが、技術説明に〝劇画タッチ〟でこれほど、インパクトのある画を活用しているところはありません。訴求したい点が迫力とともに伝わってくるのか、林画伯の画力に魅せられた人々も多く存在し、製造現場ドットコムにも過去に「誰が描いているの?」と問い合わせがあったこともあったのよ。

守秘義務が多くデリケートな製造業の世界では、ビジネスでなにを訴求したいか――――と真摯に取り組んでもリアルに写せないものがあります。例えばお客様の加工ワークもそのひとつ。もちろん写真や動画は分かりやすいのですが、見る人が見ればすぐ分かるので、秘密がダダ漏れになる恐れがあり、訴求したくても難しいものがある、といったジレンマがあります。製造業の最先端技術にかかわる非常に厳しい世界をメインに取材をしているわたしももちろん、このあたりは細心の注意を払っています。

動画では自動車ボディプレス金型を例にとっています。現在、製造現場では自動化が進んでいますが、無人加工が進んでいない加工分野もあります。この動画では、ビデオでは見せることが難しい余った素材を切り離す〝トリム工程〟を林画伯のイラストを活用し、分かりやすく見せています。

ちなみに、この動画の見どころは、開始9秒後に林画伯の力作に加え、営業企画室の木村室長が着色した画が登場します。19秒で2枚目、25秒で3枚目と続きます。

続いて2分10秒後にも、オペレーターが機械を操作するシーンのイラストが登場しますが、これは細かい!!!! 

聡明な皆様は、もうお気づきだと思いますが、イラストを活用しているシーンは全てワークがチラ見えしています。今をときめく加工例といえば、大抵、見せてはいけない秘密のものですから写真も動画もNG。かといってワークがなければなんだかピンとこないわけで、そこでイラストが登場するんですね。

実は先日、ダイジェット工業さんにお邪魔しましたが、林画伯は、もう20枚以上も描いているそうです。

なお、林画伯の画に着色を加えた木村室長は、ドイツで7年半ものあいだ駐在し、その後、自社製品の「ストライクドリル」の歌を考案したご本人。今年はJIMTOFの年ですからどんな企画が出てくるか今から楽しみです。

そうそう、同社では『頑固一徹』ユーザー向けに『頑固クラブ』を設立しており、こちらもなんだか面白い展開がありそうです。

そのうち、いつかどこかで林画伯が描く作品の数々を展示してもらいたい――――と願うわたくしでした。

萌えキュン☆

240218b

キューーーーーーン☆
こんな目で見つめられると、くぅう~たまんない!

ちょっと一服、猫を吸うと心が安まります。

可愛いは正義だ。

 

無造作女の独り言

240212b

 

仁義なき戦いにあった台詞ですが、なんとなく身に染みる今日この頃です(笑)
 

オーエスジーの技術資料「ドリル加工」がためになる!

240204b

オーエスジーさんの技術資料「ドリル加工」を拝見しました! 専門性が高く、そして分かりやすい! 

機械加工を商いとしている皆様にとって、〝穴あけ〟はとても馴染みのある加工だと思いますが、その一方で、穴が曲がったりするなど、案外、美しい穴を能率良くあけることが難しいといわれています。

近年、複雑形状化、難削材化が進んでいます。ドリルを正しく使いこなすための知識や技術を知ることは、〝加工を制する〟ことに繋がります。

この冊子の目的は、『ドリルを正しく選び、正しく使うために、各部要素と切削特性、切削条件の考え方などを解説し、高性能ドリルを使いこなすための基礎技術を紹介する』とありました。

ページをめくると①ドリルの基礎、②ドリルの材質と表面処理、③ドリル加工の基礎、④ドリルの加工条件、⑤スラスト、トルク、所要動力の推測、⑥穴加工の品位、⑦ドリル使いこなしのポイント、⑧トラブルシューティング、⑨ドリルの再研磨――の構成で、それぞれ非常に詳しく掲載されています。

冊子にも記載されたとおり、切削工具を正しく選び、正しく活用することは機械加工にとってとても大切だと長年の取材を通して日頃から感じているワタクシ、感動の技術資料でした。

これをまとめられた方の努力が目に浮かびます。(1年ほどかかったとのこと!)

機械加工に従事する皆様にお役に立つ一冊でした。

※記事および画像の無断転用禁止