無造作淑女

【取材こぼれ話】碌々産業のゴミ箱も碌々マーク!

東京都内は悲しいほどコロナウイルス緊急事態宣言発動中につき、動きが取れず、しょんぼりと机に向かっている今日この頃です。昨年から酒量が減り、不肖那須直美、ちょっとスレンダーになりました。

ちょうど昨年、タイミング良く、キラリと光る技術をお持ちの優良企業をいくつか取材しました。順次、製造現場ドットコムで掲載していきますので、お楽しみに☆

さてさて、碌々産業さんの取材で、記事に入らず使用しなかったお写真がいくつかありますので、ご紹介しましょう。

なんとゴミ箱まで碌々マークが!

210117b1

碌々さんのマークって、洒落てますよね。一見、某お洒落カフェのマークに似ていると感じる方もいらっしゃるでしょうけれど、碌々さんはなんと、1903年に創業していますからね。あと2年で創業120年です。

静岡工場でオブジェになっている古~い機械にも、ほらっ!

碌々マーク!

210117b5

大昔にこのマークを考案した方は、とてもセンスが良かったのだと思います。

静岡工場の入り口は、リゾートムードが漂っています。

210117b2

あらっ! G-Stu.のシャッターにも碌々マーク!

210117b3

G-Stu.は、研削(grinding)スタジオ。

ここに巨大な岡本工作機械製作所さんのあのマシンが入っていましたよ!

よく見ると人が小さく見えます。

210117b4

以前、取材に来たときは、このマシンがちょうど納入される前でした。実際拝見すると、仰天するほど巨大です。

工場内ではマシニングアーティストのステッカーを発見!

210117b6

碌々さんの静岡工場のエントランスで記念撮影

210117b7

コロナ禍ですが、新しい生活様式には社会インフラが必要です。そのためには、機器などが絶対に必要です。海藤社長もインタビューでも、「スマホは中をあけると日本の技術がつまっている。」と述べています。

こうしたことから、日本が世界へ向けて巻き返しを図る可能性も大きいと睨んでいます。

3月にはグラインディングテクノロジーも開催予定ですので、なんとかコロナ禍が収まって欲しいですね。

 

ユキワ精工のキャッチコピーがナイス!

210112b

ユキワ精工(社長=酒巻弘和氏)の新広告が出ました! 
今回もナイスなキャッチコピーです!

キャッチコピーは製品の特長を表す重要な要素でもあります。パッと見て、すぐに分かりやすいのがいいですね。


前回は「I いいね おたくの ツールホルダー」でしたが、今回は「意外と 奥が深い ツールホルダー」ときましたよ(●∀●)オオッ!

さて、せっかくなので、同社のツールホルダーに注目してみましょう。

同社では、振れ精度に〝総合振れ精度〟という言葉を用いています。これは、コレットをホルダーに入れた状態での精度を意味しており、例えば同社の製品である「スーパーG1チャック」は5μmを保証しています。

動的振れ精度が高いということは工具摩耗が少なくて済むということ。その分、工具が長持ちします。つまり、工具交換が減り、段取時間の短縮にもつながるというわけなのです。

酒巻社長は、「ホルダーの違いで切削スピードが変わり、“良いツールホルダー”を使うだけで、加工ワークの面粗度や工具寿命など生産性に大きな違いが出るうえ、経済効果もアップします。工作機械と切削工具の狭間に位置するツールホルダーは、主軸と工具をつなぐ重要な機器でもありますので、ぜひ見直してみてください!」とツールホルダーの重要性を説いています。

現在、5Gをはじめとする社会インフラに注目が集まっています。これらの構築のために必要な機器や装置はまさに日本が最も得意とする分野。この点、技術面でも他国に比べ優位性がある日本は、これから攻めに出るチャンスでもありましょう!

しかし、酒巻社長のセンスには毎度脱帽です☆


 

日本機械工具工業会 石川会長のビデオメッセージ

新年あけましておめでとうございます。
本年も何卒、よろしくお願い申し上げます。

今年は新年賀詞交歓会が軒並み中止となり、静かに机に向かっております。

一都三県はコロナウイルスの激しい感染増で、われわれのような商いの者は、さらに動きが制限されることになり、淋しい2021年の幕開けとなりました。

先ほど、日本機械工具工業会の石川会長のビデオメッセージを拝見いたしました。この混沌とした世の中においても、ヤル気が出てくるメッセージです。

言葉で人が元気になる、前向きになれることは、素敵なことだと思います。

▼日本機械工具工業会石川会長のビデオメッセージ
http://www.jta-tool.jp/
 

【お知らせ】ナガセインテグレックスが今日から初のオンライン展示会を開催 

201211b

ナガセインテグレックスがただいま、本社工場で内覧会「NAGASE NANO SOLUTION FAIR 2020」を開催中ですが、コロナウイルスの感染拡大の影響で、来場を断念された方に朗報です!

本日から(12月11日)から12月31日まで、同社初のオンライン内覧会「NAGASE NANO SOLUTION FAIR 2020 Online」を開催します。

■NAGASE NANO SOLUTION FAIR 2020 Online
↓12/11(金)~12/31(木)まで↓
http://www.nagase-i.jp/nnsf2020online/  
 

特別動画で同社の工場を見ることができますよ。最新の超精密マシンを拝見しながら、同社営業マンによる説明も受けることができます。同社によると、「実際に工場で機械をみているかのような体験ができます。」とのこと。

この特別オンライン内覧会ですが、ナガセプレミアムクラブの会員のみ観覧できますので、「登録していない方は、ぜひ登録してください。」とのことです。(もちろん競合メーカー、工作機械メーカーさんの入会はダ・メ・よ☆)

ナガセプレミアムクラブの登録先を掲載しておきますね☆

▼ナガセプレミアムクラブ登録はコチラ▼

http://nagase-i.jp/premium/

ところで、わたしも同社のプライベートショーを舐めるように取材をいたしました。秘密がいっぱいなので、写真は少なめですが、この続きは、次号の製造現場ドットコムにて☆

 

【お知らせ】「INTERMOLD2021/金型展2021/金属プレス加工技術展2021」新型コロナウイルス感染拡大状況への対応について規定一部を改訂

来年4月に東京ビッグサイトにて開催を予定している「INTERMOLD/金型展/金属プレス加工技術展」が出展申込中ですが、現在(12月時点)で新型コロナウイルス感染拡大の傾向にあることを受け、主催者および運営事務局では、設定していた出展規程【10.展示会開催概要の変更または開催中止について】について見直しを行い、このほど、「臨時改定する。」と発表がありましたので、お知らせいたします。

発表によると、新型コロナウイルスなどの感染症拡大によるイベント開催中止の際には、出展企業より預かっている出展料金については、中止決定時点により返金額の設定を行っておりましたが、今回の改定により『新型コロナウイルスなど感染症拡大によるイベント開催中止の場合には既納出展料金を全額返金する』ことになりました。

201208


主催者及び運営事務局では、「新型コロナウイルス感染拡大や東京オリンピック開催延期による会場問題等により、製造業界の大規模イベントが次々に中止される中、来年4月の本展開催が、この厳しい状況下にある製造業界のV字回復に少しでも貢献できるよう、実現に向けて努めて参ります。皆様には多大なるご支援、ご協力をお願いすることとなりますが、今回の改定が皆様のご負担を少しでも軽減できればと考えております。」としています。
 

【お知らせ】MOLDINOがアプリをアップデートしました!

MOLDINOファンに朗報! 
MOLDINOがアプリをリニューアルして、さらに使い勝手が良くなりました!

MOLDINOのアイコン

201204b1

このアプリは、工具検索・切削動力計算をするもので、種類・商品名・加工用途などから素早く工具を検索することができるというもの。

ミーリング加工・穴あけ加工の切削動力を簡単に計算することができます。

なにこの切削工具のスピード感! デザインやアイコンのカッコ良さにもご注目! 

 

おお! MOLDINOらしい〝とんがった〟イメージ!

201204b2

201204b2

201204b4

素早く計算!

201204b5

MOLDINOの工具特長や強みも簡単に分かります!

201204b6

↓下にスクロールすると、こんな感じで仕様や適した被削材が出てきますよ♪

201204b7

昔は、こうしたデザインというと、外注任せのところが多かったようで、どこも似たり寄ったりなイメージがありましたが、近年、各社の独自性が目立つようになりました。クリエーティブさを炸裂させる社員さんの努力がチラリと見えます☆

同社は11月20日に、「MOLDINO WEB EXPO」にて「プラスチック金型編」を開催し、「金型加工におけるHi-Pre2の事例紹介」をテーマに型種別による様々な問題点についてオンラインセミナーを開催しましたが、これも大盛況。聴講者と主催者が一緒になって〝同じテーマを共有している〟という一体感もあり、高い人気を誇るのもうなずけます。

 

モチベーションアップ

先日、三重県内にある大平工具製作所さんに可愛いお客様たちが見学されたとのこと。

小学生が教育の一環として工場見学をしております。

201201b1

社会の仕組みを学ぶ良いきっかけになったことでしょう。

その後、嬉しいお礼のお言葉が届いたとのことです。

水谷社長は、「モチベーションがアップしました」と大変喜んでいました。

ほっこりしますね。

この学びの場で、小学生たちがなにを感じたのかな☆

201201b2

201201b3

今日から12月ですね。

コロナウイルス感染拡大の影響で、仕事や生活のリズムが狂いやすいです。

こーなると、ちょっとしたストレスが蓄積され、いろんなところに不調をきたす恐れがありますので、皆様も、どうかお身体には気をつけてくださいね。健康無くして収入なしなのだ!

 

さて、出ずっぱりだったワタクシ、これから引きこもり生活突入(机仕事)です。集中力がもつかどうかが若干、いや、うんと心配です。

 

【お知らせ】黒田精工が独自サイト『KURODA SMART SOLUTION』を開催!

201120b
精密成型平面研削盤「GS-126CV」 

さて、お知らせです!

黒田精工は、ユーザーの加工や計測における悩みに焦点を当て『KURODA SMART SOLUTION』と銘打って独自サイトでのWeb特設展を開催すると発表しました。

公開期間は2020年12月1日(火)から半年間☆

同社では、「平面研削盤の新商品「GS-45V」・「GS-126CV」を紹介するほか、研削加工において今まで職人の勘に頼っていた砥石のドレッシング作業等への提案を行うほか、歯車等丸物の精密加工・検査等様々な加工・測定に定評のあるハイドロリックツール対しても定圧制御機能を取り込むなど各種機能や特徴を写真・動画を盛り込み実際の展示会同様にわかりやすく説明し、自動化の提案に繋げていきます!」と意気込みを示しており、様々な要素技術を有している同社ならではの技術について深く知るチャンスです☆

▼『KURODA SMART SOLUTION』はコチラ▼

https://www.kuroda-precision.co.jp/mm/smart-solution
 

『JIMTOF2020 Online』も主催者セミナーの視聴ができるのは今日(12月17日)までとなりました。

ギョーカイの皆様、JIMTOF初のオンライン展示会は、どんな感想を持ったでしょうか☆

駅のホームもどんどん寒くなり、秋が過ぎてしまったことを実感する今日この頃です。

今日は金曜日。コロナウイルスに負けず、ハッピーな週末をお過ごしくださいませ(●∀=)♪

取材中

いつも写真は撮ってばっかりで、自分のものといえば、ドヤった自撮りか、友人や身内が撮ってくれた酔っ払い姿くらいしかありません。(←たいてい、つぶらなお目々がすわってる)(^^;)

つまり、己のまともな写真がほとんどないという。。。。なんと淋しい大人でしょうか。

このままでは、親しい人の記憶の中にある私の姿は、アルコールを片手に酔っ払ってるか、すり切れすぎたステテコやジャージ、もしくは履きつぶしたスエットをだらしなく着ている姿でしょう。ああ、考えただけでも身震いがします。

先日取材の際に、お仕事中の貴重なお写真をいただきました。ありがとうございました☆

この写真は、ロボットシステムインテグレータのHCIさんが中小企業のロボット導入支援施設を泉大津市の商業施設内に完成させ、オープンしたときのものです。写真左が経済産業省近畿経済産業局長の米村氏、中央がHCIの奥山社長、右が南出泉大津市長。

この取材の内容は次号の製造現場ドットコムで☆ 

201118b

 

 

【お知らせ】住友電気工業が「SumiTool Web展示会」を開催中

JIMTOF2020 onlineと同時に、注目各メーカーは、プライベートWEB展示会をオープンさせていますね。

住友電機工業も昨日よりオープンしました!

新製品・新技術など、日々更新し、展示会限定コンテンツもあるとのことです。

「Sumi Tool Web展示会」はコチラ↓

https://www.sumitool.com/showroom/

※記事および画像の無断転用禁止