無造作淑女

オーエスジーに巨大招き猫が出現!

先日、大澤科学技術振興財団(理事長=大沢輝秀オーエスジー会長)の取材の件でオーエスジーさんのグローバルセンター(通称:GTセンター)にお伺いしました。

大澤科学技術振興財団は、平成3年7月18日に設立され、日本のものづくりを支える科学技術の振興に寄与したいという趣旨から国内の大学・研究所等、非営利の研究機関に所属する研究者にその研究に対する助成を行っています。

この詳細は後日、ニュースで掲載しますね。

オーエスジーさんは今年75周年の節目の年でもあります。大澤会長のお父様が戦前に設立した会社なんですね。

なので、大澤会長は会社の社宅で育ち、このGTセンター付近が遊び場だったんですって。
この土地への思い入れもひとしおなワケなのです。

さて、研究助成費贈呈式が行われたあと、懇親会が開催されました。場所はGTセンターのすぐ側にある、ねじをイメージしたこだわりのゲストハウスです。
歩いていると―――――――。

あらっ!
今まで無かった巨大な招き猫が鎮座しているではありませんか!

ド―――――――――――――――ン

会長が一目惚れした猫だそうです。
こちらに運ばれてきたばかりのホカホカだと聞きました。
オーエスジーさんは、このように遊び心が満載。
この感性がものをつくる現場に行かされているんでしょうね。

もうひとつ、新しい発見といえば―――――――。

大澤二朗常務がしていた徽章がイカしてる!

さてさて、今月開催される「MECT2013」にも出展する同社の見所を一足早く教えましょう(●∀●)

今回、同社のメインテーマは、「穴加工のトータルソリューション」。
穴加工に関する工具を総合的に展示し、豊富なバリエーションを見せつけてくれます。

同社のブースを見学する方は、ぜひ、『A-タップシリーズ』を拝見して欲しいの。これは創立75周年を迎えたオーエスジーが新プレミアムブランドとして開始したもので、早くも評判がいい注目の工具なのよ。

もうひとつは『OSGフェニックスシリーズ』。
第6弾ヘッド交換式ドリルPXD、インデキサブルドリルPSD。
第7弾は発売ホカホカの4コーナ肩削りカッタPSF。
そして12月発売予定の第8弾仕上げ用ラジアスエンドミルPFRが一足早くお目見えするわ。

最後に『ツールプリセッタ OZT』。
これはドイツZOLLER社製で会場で実機・実演するんですって。

この展示会以外にも現在オーエスジーさんは11月9日(土)~10日(日)の2日間、ご当地グルメでまちおこしの祭典「B-1グランプリ」が豊川で開催されるにあたり、地元企業として協力されるとのこと。

日本全国から64団体が豊川に集結するらしいので、このニュースもまた後日掲載するわね!

【お知らせ】日進工具が「NS東北 微細・精密加工展示会2013」を開催します!


微細工具で有名な日進工具さんが、2013年11月8日(金)、9日(土)の2日間、同社開発センター・仙台工場で「NS東北 微細・精密加工展示会2013」を開催します。
入場料は1000円。

今回、この入場料は「東日本大震災復興支援金」として「みちのく未来基金」へ寄附することになっています。

先日、日進工具さんへお伺いし、この件についてお話をお伺いしました。
今年の11月で同社の仙台工場が20年を迎えることになります。これを記念にして、なにか地域に貢献できることはないかと考えていたようです。

2011年に大震災が起きてしまった東北ですが、多くの子ども達が親を亡くしました。遺児となってしまった子供達の現実は、経済的なことから、将来の夢を諦めなければならないといった厳しいこともあります。

同社の広報担当者は、「経済的な理由から学校に行きたくてもいけなかったり、故郷を離れたりしなければならないという子供達が多いということは、将来、東北の地域に未来を担う人材が減少することにもつながります。真の復興を考えると、震災に遭い親を亡くしてしまった子供達が夢を持ち続けるような土壌をつくることも重要です。これから育つ若者達に夢を追い続けて貰うことは、将来の地域発展にもつながります」としていました。

というわけで、次回のニュースにもしつこく流す予定でいますが、一足早くこの展示会内容の詳細をこちらで掲載することにしました。お時間のある方は、ぜひ、足を運んでみて下さい! 内容盛りだくさん! 最先端の製造トレンドを知ることができますよ☆

基調講演やテクニカルセミナーで最先端の動向を知ることができる!

■基調講演(事前登録制)■
11月8日(金)
●基調講演Ⅰ 13:35~14:25 
「超精密・微細エンドミル切削の基礎と最先端動向」
講師:(株)松岡技研研究所 代表取締役 技術士 工学博士 松岡甫篁氏

●基調講演Ⅱ 14:30~15:20
「3Dプリンターを含む光造形・積層造形の現状と切削加工との関わり(今後の展望)について」
講師:芝浦工業大学 デザイン工学部 教授 工学博士 安齋正博 氏

11月9日(土)
●基調講演Ⅰ 10:40~11:30
「超精密・微細エンドミル切削の基礎と最先端動向」
講師:(株)松岡技研研究所 代表取締役 技術士 工学博士 松岡甫篁 氏

●基調講演Ⅱ 12:10~13:00
「3Dプリンターを含む光造形・積層造形の現状と切削加工との関わり(今後の展望)について」
講師:芝浦工業大学 デザイン工学部 教授 工学博士 安齋正博氏

■テクニカルセミナー(事前登録制)■
11月8日(金)
●第1セッション 10:30~11:00
「高速・高精度を追求した切削加工機」
講師:(株)ソディック マシニングセンター事業部 ミーリング部 次長 大戸 裕 氏

●第2セッション 11:05~11:35
「CNC自動旋盤を使用した微細加工」
講師:シチズンマシナリーミヤノ(株)

●第3セッション 11:40~12:15
「硬脆材、高硬度材に対する工具開発」
講師:日進工具(株) 執行役員 開発部 部長 下玉利公祐 氏

●第4セッション 12:20~12:55
「微細加工に対しての加工技術」
講師:日進工具(株) 開発部 研究開発チーム 技師補 遠藤孝政 氏

●第5セッション 13:00~13:30
「ミーリング技術の最前線」
講師:東芝機械(株)ナノ加工システム事業部ナノ加工技術センター 部長 天野 啓 氏

●第6セッション 15:25~15:55
「加工面質向上の取り組み」
講師:(株)牧野フライス製作所 加工技術本部 開発グループ マネージャ 矢部和寿 氏

●第7セッション 16:00~16:35
「微細加工用ソフト『NS-MicroCAM』」
講師:日進工具(株) 開発部 研究開発チーム 技師補 土井貴浩 氏

11月9日(土)
●第1セッション 10:00~10:35
「硬脆材、高硬度材に対する工具開発」
講師:日進工具(株) 執行役員 開発部 部長 下玉利公祐 氏

●第2セッション 11:35~12:05
「加工面質向上の取り組み」
講師:(株)牧野フライス製作所 加工技術本部 開発グループ マネージャ 矢部和寿 氏

●第3セッション 13:05~13:35
「高速・高精度を追求した切削加工機」
講師:(株)ソディック マシニングセンター事業部 ミーリング部 次長 大戸 裕 氏

●第4セッション 13:40~14:15
「微細加工に対しての加工技術」
講師:日進工具(株) 開発部 研究開発チーム 技師補 遠藤孝政 氏

●第5セッション
「微細加工用ソフト『NS-MicroCAM』」
講師:日進工具(株) 開発部 研究開発チーム 技師補 土井貴浩 氏

●第6セッション
「CNC自動旋盤を使用した微細加工」
講師:シチズンマシナリーミヤノ(株)

●第7セッション
「ミーリング技術の最前線」
講師:東芝機械(株)ナノ加工システム事業部ナノ加工技術センター 部長 天野 啓 氏

*基調講演・テクニカルセミナーの申込はこちらのHPから申し込むこと↓
http://www.ns-tool.com/topics/exhibition/nspv2013.html
(申込は先着順となる)

今回、ユーザー限定特別企画として来場したユーザー向けに、なにやら大変お得なセールを実施するみたい。売上げは全額寄付するとのこと。

さらに! 
今回、加工技術に関する相談に答えるコーナーを会場内に設置するので、加工の悩みを持つ方は、ぜひご利用されてみてはいかがでしょうか。新しい発見があるかもしれません☆

安田工業に行ってきた☆

この頃、出張が続いたり、いろんな会見があったり、仕事場を出たり入ったりしていたんだけど、まぁまぁ、仕事場が泥棒でも入ったんじゃないかってなくらいの荒れ放題。書類の地層がたまに地殻変動を起こして雪崩のようになっちゃうから大変なのよね。

あと2週間で「MECT2013」開催されるけれど、製造業のナウな情報サイトである製造現場ドットコムも、これから2週間、メカトロ強化月間として出展される各社の情報をこのブログで連続更新するわよ~~(●∀●) 

なお、展示会の開催中の現場でも随時、Twitterで簡単にレポートを発信するから、こちらもご覧になってねん☆

ところで、先日、安田工業さんにいってきたの。
カメラがいつものカメラじゃないので、ちょっと画像が悪くてごめんなさいね。

「ほこ×たて ニッタンVSイワタツールと連合体」でもマシンが活躍していましたね☆

界に詳しい方ならご存じかもしれませんが、マシンの作り込みはものすごく繊細で有名ですよね。

温度誤差で材料は膨張したり縮んだりする性質がありますが、さすがはYASDAさん。しっかりしたマシンをつくるための温度測定方法が斬新だったわ!

赤丸に注目!

この赤丸印の中にあるカメラのようなものが温度計ですが、一定間隔ごとに上下に移動するようになっています。たしかに温かい空気は上にいくし、冷たい空気は下にいく性質がありますから、バラツキのないようしっかり測定しているんですね。

同社は今回の「MECT2013」に出展します。
今回、目玉製品は、「YBM7Ti」と「YMC430 ver.Ⅱ+RT10」よ!

「YBM7Ti」は、タービンディスク(Ni 耐熱合金)のブレード基部に対して、特殊エンドミルを活用し、機械の高剛性を発揮した高能率加工を提案してくれるそうよ。

もう一方の「YMC430Ver.Ⅱ+RT10」は、試作ベベルギアの備品加工に対し、蒲生時間短縮にて有効な高精度同時5軸加工を見せつけてくれるみたい。

ヘリカルギヤ電極新JISN4級を達成! という注目のマシンよ☆

メカトロ開催直前にも、各社の見所をまとめてニュースで流しますので、お楽しみに☆

おめでとう! 大垣精工 上田社長!

春の叙勲で旭日中綬章を授与された大垣精工&セイコーハイテック 上田社長の記念祝賀会が9月20日(金)に岐阜県内のホテルで開催され、大勢の方がお祝いに駆けつけました。

ニュースはコチラ↓
http://seizougenba.com/node/3277

長年にわたり日本金型工業会の会長を務められ、日本の金型産業に寄与された上田社長ですが、大垣精工は世界最高水準の超精密部品を生み出しているんですよ。

特に有名なのが、HDD(ハードディスク)のサスペンション部品。
磁気ヘッドを0.01µ間隔で保持するための精密部品を製造できるのはなんと、世界でも4社だけ!

ちなみに、ハードディスク磁気ヘッドを北米大陸とすると、許容できる突起の厚さはサッカーボールの高さというから驚きよね(●∀●)

今回、大垣精工45周年、セイコーハイテック30周年記念も併せて記念祝賀会が開催されましたが、それはそれは華やかで楽しいひとときでした。ナウな表現でいうと、上田社長ならではの「おもてなしの心」がたくさん詰まっていました。

ということで、ニュースで流せなかった写真をご紹介することにしました☆

ステージは笑いあり、歌ありで最高でした☆

さすがは昭和を代表する大物歌手です。しかも笑いのセンスと話術が抜群で、ドリフターズ世代としては嬉しい限り! わたくしすっかりファンになりました。

鏡開きでかんぱーい!

上田社長に素敵なプレゼントが様々な方から贈呈されました。肖像画はそっくり!

社員さんからはなんと杖が!(笑) おどけて見せる上田社長に会場一同大笑いしました。

あら? 業界で有名な先生が2名いらっしゃるわ~☆芝浦工大の相澤先生と法政大の馬場先生(●∀●)

今月はメカトロ強化月間だよ!

急に寒くなってきて古い女には堪える季節がやってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

なんだか今年はバタバタといつになく多忙で、気がつきゃあらもう10月って感じなのよね。

さてさて、今月はいよいよ名古屋でメカトロが開催されるわね!
ということで、製造現場ドットコムも今月は「メカトロ強化月間」として、企業の小ネタをちょくちょく更新します。

システムの問題もあるので、このブログで情報発信をこまめにするので、皆様、要チェックよ!

今年のメカトロは前回よりも盛大になるとのことで、今から楽しみなの。
主催するニュースダイジェスト社さんの皆様もやる気満々、出展する企業の皆様も力を入れてるわ。

ということで、ちょくちょくブログを更新するのでよろしくね☆
たまには自己満足を炸裂した写真を掲載する場合もあるけど、それはご愛敬ということで☆

それでは皆さん、風邪をひかないように気をつけて下さいね(●ω●)/

よい週末をお過ごしくださいませ☆

碌々産業の超精密マシン「Andoroid」オーナーズクラブの徽章が美しい!

いよいよメカトロがはじまるわね。
製造現場ドットコムとしても「メカトロ強化月間」として頑張っちゃうわ。

細かいニュースは随時ブログにアップするので、更新頻度が高くなるわよ~☆

さて、碌々産業さんには、同社の超精密微細加工機『Android』を導入しているユーザーの会、「オーナーズクラブ」があります。ユーザー同士がAndroidをとおして交流を図ったり、最新の加工トレンドの情報交換をしたりと、なかなか充実した会でもあります。

この会員の証にAndoroidで加工した徽章が配布されます。へへっ、わたくし、加工サンプルをいただきました。

これがまたものすごく美しい! 
碌々産業ならではの「微細加工」への執念ともとれるこだわりがこの徽章に表現されています。

あら、なにかしら? なんだか素敵な箱だわ☆



まぁっ! なんて素敵な徽章なの!! 



これでわたくしもオーナーズクラブの一員ね☆(←マシンを持っていないので会員にはなれません)



微細加工がよく分かる徽章。光を当てると角度によって陰影が美しく変化します

森精機の新しいロゴと新コーポレートマークが発表されたわ!

工作機械メーカーの森精機製作所が昨日(10月1日)、「DMG森精機株式会社」(DMG MORI SEIKI CO.,LTD.)に社名を変更しました。

2009年より業務提携している「GILDEMEISTER AKTIENGESELLSCHAFT」(以下、ギルデマイスター)も「DMG MORI SEIKI AKTIENGESELLSCHAFT」に社名を変更して、「One brand for the world」のもとに両社の社名を統一しました。

社名変更に伴い、コーポレートマーク、ブランドロゴ、ホームページも刷新! 

「工作機械業界では類を見ない、よりイノベーティブな製品をご提供するため、森精機とギルデマイスターの両社は協業関係をさらに強化します。『DMG森精機株式会社』として、伝統によって築かれた精度や技術を充実させ、世界中のお客様により信頼されるパートナーになりたいと考えています」とコメントしています。

新商号: DMG森精機株式会社  (英語名: DMG MORI SEIKI CO.,LTD. )
※DMGと森精機の間に「_(半角スペース)」はありません。

新コーポレートマーク

新ブランドロゴ

DMG MORI共通ホームページはこちら↓
www.dmgmori.com

DMG森精機 ホームページはこちら↓
www.dmgmoriseiki.co.jp

【お知らせ】「型技術ワークショップ2013inきたかみ ~イーハトープ発 ものづくり ~とどけ世界へ 感謝の想い~」

型技術協会が2013年11月28日(木)、29日(金)の2日間、ブランニューキタカミ(岩手県北上市)で「型技術ワークショップ2013inきたかみ ~イーハトープ発 ものづくり ~とどけ世界へ 感謝の想い~」をテーマに、講演会や懇親会、工場見学会を開催します。

開催にあたって実行委員長の廣瀬宏一氏は、「この度、皆様のご協力をいただき岩手県北上市にて第19回『型技術ワークショップ2013 in きたかみ ~イーハトーブ発 ものづくり ~とどけ世界へ 感謝の想い~ 』を開催する運びとなりました。東北は2011年3月11日に未曾有の大災害である東日本大震災に見舞われました。世界からの様々なご支援を頂いてきましたが、いまだ復興を遂げたとは言えない状況が続いております。その東北の地:岩手県北上市を会場として型技術、ものづくり技術の高度化および高付加価値化、関連技術の今後の動向について皆様と活発な意見交換を実施できますことは極めて大きな意味を持つと考えております。岩手県は、この地をイーハトーブと呼び、自らをデクノボーとして生活の向上に尽くした宮澤賢治の故郷でもあります。この地から、ご支援を頂いた皆様への感謝を込めて、東北のものづくりの魂を発信したいと祈念しております。第1日目にオープニング講演、特別講演、一般講演を行い、第2日目には各社のご協力を得て4コースの見学会を行います」と述べており、多くの皆様の積極的な参加を待っている。

開催スケジュールは以下のとおり。

●開催日
・2013年11月28日(木)、29日(金)

●会場
・ブランニューキタカミ (懇親会場は同会場コンベンションホール)
http://www.brandnew-k.com/access.html

■第1日目:11月28日(木)講演会、展示コーナー、懇親会
・オープニング講演
「産学官連携による「ものづくり」への期待」 
岩手大学 理事・副学長 岩渕 明 氏

・特別講演Ⅰ  
「東北に於ける現地調達への取組-工場は最高のショールーム-」
アイシン東北株式会社 顧問 奈倉 伸芳 氏

・特別講演Ⅱ  
「東日本大震災津波からの復興に向けた岩手県の取組~いのちを守り 海と大地と共に生きる ふるさと岩手・三陸の創造~」
岩手県 復興局 理事兼副局長 佐々木 和延 氏

・一般講演  8セッション 48件 展示コーナー 、懇親会

■第2日目:11月29日(金)工場見学会
・Aコース: (株)東北佐竹製作所/シチズン時計マニュファクチャリング(株) 東北工場
・Bコース: アイシン東北(株)/トヨタ自動車東日本(株) 岩手工場
・Cコース: 盛岡セイコー工業(株)/(株)ミクニ 盛岡事業所 滝沢工場
・Dコース: (株)アイメタルテクノロジー 北上 北工場/及源鋳造(株)

*「型技術ワークショップ2013 in きたかみ」参加申込について*

1.期日
・11月28日(木)講演会、展示コーナー、懇親会/29日(金)工場見学会
☆各見学コースは別紙詳細説明を確認のうえ、申し込むこと(クリック)↓↓
http://www.jsdmt.jp/02workshop/pdf/19_factory_tour.pdf

2.講演会場
・プランニューキタカミ 岩手県北上市大通り1-10-1 (クリック)↓↓ http://www.brandnew-k.com/access.html
*懇親会場は同会場 コンベンションホール

3.申込方法
・オンライン申込(クリック)↓↓
http://www.jsdmt.jp/02workshop/jsdmt-workshop13.cgi

4.オンライン申込締切
・11月6日(水)
* 申込内容にかかわらず、オンライン締切日後のキャンセルは不可。費用が発生する。

5.参加費
(1)講演会(展示コーナー含)参加費.――会員 :8,000円 / 一般 :16,000円
学生  無料 (学生の論文集希望者 2,000円)
(2)11/28昼食弁当(茶付) :840円(会員、一般とも)
(2)懇親会参加費 :7,000円 (会員、一般とも)
(3)工場見学会参加費 :6,000円 (会員、一般とも)

<注 記>
1. 金額はすべて税込。
2. 会員の対象は型技術協会会員または協賛団体会員。
3. 工場見学会について(詳細は別紙参照↓↓)
http://www.jsdmt.jp/02workshop/pdf/19_factory_tour.pdf

3-1 工場見学会への申込は、28日の講演会申込者および講演者に限る。
3-2 同業者の方は断る場合がある。
3-3 各コースとも午前のみ・午後のみの受付は不可。
4. 申込者には参加券、請求書を発送する。ただし、工場見学会へ申込の場合は、参加可否が確定してからの発券となるので、申込から発券まで日数がかかる。

7.問合先
一般社団法人 型技術協会 
〒231-0011 神奈川県横浜市中区太田町6-79 アブソルート横濱馬車道ビル201号室
TEL 045-224-6081 FAX 045-224-6082 Eメール info@jsdmt.jp

読んでくれてありがとう(●∀●)

22日に放送された「ほこ×たて 日本タングステンVSイワタツールと連合体」の解説記事に多くの反響がありました。

あらためて読んでくださった皆様と熱いコメントを書いてくださった皆様に感謝いたします。
こんなに反響があって嬉しい限りです
俄然ますますやる気になってまいりました(←単純ね)

みんなの反応はコチラ↓
http://b.hatena.ne.jp/entry/seizougenba.com/node/3233#tab-all-bookmarks

ソーシャルニュース「Ceron(セロン)」はコチラ↓
http://ceron.jp/url/seizougenba.com/node/3233

日本には優秀な企業がいっぱいあります。
基礎開発の部分は、ほとんど目立ちません。
おそらく取り上げても派手さがなく、難しいので、扱いにくい分野なのかもしれませんね。

ですが、こういった基礎開発の分野は世界に向けて日本の強みを発揮できる分野です。
地道にコツコツやっている皆様方のご苦労があってこそ、われわれの生活に必要なものができるんですね。なんて素敵なことなんでしょうか。

製造現場ドットコムでは目立たなくても、企業規模が大きくても小さくても、素晴らしい技術・技能を持った企業、頑張ってる人にスポットを当てております。たまにはサイトをのぞいてみてくださいね。面白い発見があるかもしれませんよ☆

ユキワ精工に行ってきた☆

新潟県といえば金属加工業を連想する方も多いと思いますが、その中でも小千谷市って特定分野で高いシェアと技術力を持つ企業が豊富なのよね。

国内製造業の中でも他の地域と比べて注目すべきところがあるのよ。
それはね、製造業の経営環境は世の中の景気に大きく左右されるもので、当然、景気が悪くなるとリストラが増加したりしちゃうんだけど、なんと小千谷の製造業って、どんなに世の中の時流が悪くても、従業員数は変わらない地域なんです。

リーマンショックが起きる前も、リーマンショック後に大ダメージを受けても、そして現在でも従業員数があまり変わらない――――ということは、それだけ企業の基礎体力が強いことを示しているということです。

そんな小千谷の優良企業のひとつがユキワ精工なんだけど、ここに先日、ちょいとお邪魔してきました。酒巻常務からいろんなお話が聞けて、あたしったら、またひとつお利口さんになっちゃったわよ。(●∀●)ウフ☆

燃え上がれ~燃え上がれ~燃え上がれ~~熱処理~♪

ここの主要製品はドリルチャック(国内シェア80%)だけど、専用コントローラや搭載機械のNC装置により、ワークの角度割出を行う機器、“CNC円”テーブルもなかなかのシロモノ。
ちなみにユーザーさんからの質問等も応えてくれます。

チャックの性能テストもバッチリ確認! ハイレベルな方は加工音でも違いが分かる!

ユキワ精工は昨年、機能美を追求した「グリーンG1チャック」が日本デザイン振興会が主催するグッドデザイン賞 中小企業長官賞を受賞しています。高速・重切削時に発生するびびり振動を抑制するため内部に振動減衰機構を設けることで、工具への負担が大幅に軽減したというこの製品は、10月23日(水)から10月26日(土)までの4日間、ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)で開催される「メカトロテックジャパン2013」に出展しますので、ぜひ、お時間のある方は同社のブースを見学してみてくださいね☆

グリーンG1チャック

※記事および画像の無断転用禁止