注目記事

【この人に聞く】進化する金型メーカー 七宝金型工業 松岡社長

 1949年創業の七宝金型工業(社長=松岡寛高氏、本社:愛知県津島市南新開町)は、常に時代が要求するものづくりに必要な新設備を取り入れて最先端の流れを掴んできた。「価値観が多様化してきた現在、お客様のご要望を叶えるだけの製造業では生き残っていけない。」と話す松岡社長は、自社ブランド製品の研究開発にも力を注ぐだけでなく、老舗金型メーカーならではの永年培われたノウハウを軸に新たなビジネスモデルを展開している。

 同社ではこのほど、焼き嵌め工具自動交換装置『TOOL MEISTER』をサンテックと共同開発し、本年7月に開催されたINTERMOLD名古屋では1号機を出展し注目を集めた。松岡社長にお話しを伺った。
 

DMG森精機 工程集約・自動化・DX化に貢献! 小型複雑形状ワークの高速・高精度を実現する「NTX500」を発表

 去る6月27日、DMG森精機伊賀事業所で、高精度・高効率複合加工機「NTX500」の新製品記者発表会を開催した。

 このマシンは、航空機、医療機器、自動車、金型、精密機器などの分野で、小型複雑形状ワークの更なる高速・高精度加工を実現する複合加工機。ターニングセンタとマシニングセンタの融合による高い加工能力で、多品種少量部品から量産部品まで効率よく工程集約することで、生産性向上に貢献するマシンとなっている。

「全従業員を幸せに」 日新ダイヤモンド 神谷社長に聞く

 2006年にオーエスジーグループの傘下となった日新ダイヤモンド(社長=神谷伸顕氏、本社:滋賀県高島市今津町)は、1968年創業の単結晶ダイヤモンド切削/耐摩耗工具、PCD/CBN焼結体切削工具・耐摩耗工具の製造および販売会社である。神谷社長は傘下となってから3代目だが、売上は2006年から2倍の伸びを示し、2022年は過去最高で推移している。その鍵を握るのは同社の最新システムにあった。

 昨年開催されたメカトロテックジャパンでは『単結晶ダイヤインサート』を披露して大きな注目を浴びた。最近では新たなキャラクター『ダイヤン』の登場で、SNSでも人気を集めている。神谷社長にお話しを伺うとともに、同社のスローガンでもある〝魅せる工場〟を取材した。
 

「INTERMOLD2022〈名古屋〉」の見どころはココだ!

 本年7月6日(水)から7月9 日(土)までの4日間、ポートメッセ名古屋で「INTERMOLD名古屋/金型展名古屋」(主催=日本金型工業会)を開催する。製造現場ドットコムでは一足早く注目メーカー各社の新技術や目玉製品を公開する。

 (芝浦機械/ダイジェット工業/日進工具/ブルーム-ノボテスト/MOLDINO)

 

求められる精度に応える安田工業 国内営業部 高橋部長に話を聞く

 安田工業(社長=安田拓人氏、本社:岡山県浅口郡里庄町)といえば、〝高い精度〟と〝耐久性〟を備えたマシニングセンタのイメージを持つ方が多い。実現する加工精度は0.001mm。「最大ではなく、最高を目指す」の社是にあるとおり、厳しい品質管理のもと、徹底したつくり込みで世界中のトップメーカーを魅了している。

 「精度に対する要求もますます高くなり細分化している」と話すのは、同社営業本部・国内営業部の高橋 章 部長。本年4月にインテックス大阪で開催された「INTERMOLD大阪」では、ベストセラーマシンYMC430の特長を継承しながらストロークを拡張した最新鋭のハイエンドマシン「YMC650」を展示し、新領域の微細かつ高精度加工を実現するとして大きな注目を浴びた。高橋部長にお話しを聞いた。
 

ゼロから1を生み出す! これがオーエスジーのNEO(ネオ)新城工場だ!

 オーエスジー(社長=大沢伸朗氏)が2020年に国内主要工場のひとつである新城工場を「NEO新城工場」としてリニューアルし、建物だけでなく、設備のレイアウトや従業員の働き方を含め、業務の進め方なども一新した。ここでつくられる超硬ドリル、超硬タップ、ハイスエドリル、ハイスエンドミルの生産能力は、月産70万本、生産品種は毎月平均6,000種、8,000ロット。デジタル技術を駆使してモンスター級の超多品種少量生産を実現している。

 去る4月22日、コロナ禍で延期になっていた報道陣向けの工場見学会が開催された。生まれ変わったNEO新城工場を取材した。

【レポート】INTERMOLD(大阪)で見た注目各社の動向

 去る4月20日(水)~23日(土)の4日間、「INTERMOLD2022/金型展2022/金属プレス加工技術展2022〈大阪〉」(主催=日本金型工業会、テレビ大阪)がインテックス大阪で開催され、約2万3900人が来場した。近年のトレンドである自動化や省力化に貢献する製品が目立った。直接製品に触れられる機会とあって各社のブースでは来場者の対応に追われ、活況を呈していた様子が見受けられた。注目各社の動向をレポートする。

 なお、7月6日(水)~9日(土)はポートメッセ名古屋にて「INTERMOLD2022/金型展2022/金属プレス加工技術展2022〈名古屋〉」が開催される。
 

「INTERMOLD2022/金型展2022」〈大阪〉、「金属プレス加工技術展2022」〈大阪〉の見どころ

 4 月20日(水)から4 月23 日(土)までの4日間、インテックス大阪で「INTERMOLD2022/金型展2022」〈大阪〉(主催=日本金型工業会/テレビ大阪)、「金属プレス加工技術展2022」〈大阪〉(主催=日本金属プレス工業協会)を開催する。製造現場ドットコムでは一足早く注目メーカー各社の新技術や目玉製品を公開する。

 (アマダマシナリー/アマダプレスシステム、オーエスジー、OKK、キタムラ機械、ダイジェット工業、日進工具、大昭和精機、牧野フライス製作所、三井精機工業、MOLDINO、安田工業、碌々産業)

三井精機工業 工場見学会をレポート! ~加藤社長に意気込みを聞く~

  三井精機工業(社長=加藤欣一氏)が、3月9日(水)~11日(金)までの3日間、「2022年 三井精機工業工場見学会」を開催した。来場者への安全と健康の配慮から、密を避けるため午前・午後の2部制を設け、各テーブルでは飛散防止パネルが設置されるなど、コロナウイルス感染予防対策を徹底した中での開催となった。

 5軸微細加工に新たな可能性を拓く「PJ303X」をはじめ、プレシジョン・プロファイル・センタ「PJ812」、ジグ研削盤「J350G」「J4GDN」などが展示され、微細金型、医療機器、電極、燃料電池、半導体・光学系部品などをターゲットにしている同社の意気込を感じる内容に来場者もじっくりリアルなマシンを堪能していた。加藤社長に工場見学会への意気込みをお聞きするとともにレポートを掲載する。
 

三菱マテリアルが提案する新時代の加工技術

 人と社会と地球のために―――――。これは三菱マテリアルの企業理念だが、同社の中でも加工事業は〝成長促進事業〟のひとつであり、同社を牽引していくものとして位置付けられている。加速する自動化、省エネ化、IoT、AI等の流れの中で工具メーカーとしてあるべき姿、求められる切削工具を追求している同社は現在、デジタル活用をした切削シミュレーションなどを軸にしたソリューションを提供し、営業と開発、それぞれの部隊が手をとりあって新製品の開発に注力している。

 今回、新時代の加工技術として切りくず処理を根本から変える低周波振動切削(以下LFV)対応工具シリーズについて取材した。